笑顔のないエホバの証人2世

笑うことの出来ないエホバの証人2世

私は生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。小学生の終わりにはエホバの証人をやめたいと思い始め、中学1年生のときにエホバの証人をやめることを決断する。1990年代前半のことである。この頃の私はサッカーに熱中していて、エホバの証人の活動に充てる時間を自分の好きなサッカーに充てるべきだと思い始めていた。

幼い頃からのエホバの証人の洗脳で私は本当にハルマゲドンという世界の終わりが来ると信じていた。ものみの塔協会によって禁じられているマスターベーションをやめることが出来なかった私はハルマゲドンでこの身を焼き尽くされることを覚悟していた。残り短い生であれば好きなサッカーを思いっきりやりたかった。

エホバの証人をやめるという決意をしてから実行に移すまで1年近く時間を要した。この時期が私の人生の中で一番辛い時期だった。この15年後、私は無茶苦茶な生活をしていて、借金だらけの上、飲酒運転で自動車免許取り消しになって仕事を失いかけた。頭に円形脱毛症が出来るほどのストレスだったのだが、それでもこのエホバの証人をやめるという決断を実行できずにいた14歳の頃に比べれば格段に楽しかった。何かちょっとでも面白いことがあれば、笑うことが出来た。14歳の私は一瞬たりとも笑うことが出来ない闇の中にいた

両親の限定的な愛情に縛られるエホバの証人2世

“笑顔のないエホバの証人2世” の続きを読む


エホバの証人のやめかた(ものみの塔協会組織から離れる方法)

エホバの証人の幼い子供へのマインドコントロール

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。中学生にもなると私はエホバの証人2世であることが嫌で嫌で仕方が無かった。でも両親は15年近くも熱心なエホバの証人で、両親の期待や両親そのものを裏切ることになるので私はエホバの証人を辞めると言い出すことはなかなか出来なかった。そもそも私自身が深いものみの塔協会の洗脳状態にあった。物心つく前からエホバの証人として育てられたのが原因である。

天にエホバというおっかない短気な神様がいて、私が罪を犯して悔い改めないと間もなく来るハルマゲドンというこの世の終わりで焼き尽くされてしまう、そんな恐怖心に駆られていた。エホバの証人を辞めてしまうとあっけなく私の人生は幕を閉じてしまう。そう信じていた。

馬鹿馬鹿しい話だと思うだろうがこれが真実である。幼い頃からそう教え込まれていたので信じ切っていた。小さな子供に体罰付きの恐怖政治を敷いた結果である。子供の教育というのがいかに大事か分かって頂けるだろうか。

つまらないエホバの証人の集会に週に3回も出席し、毎週末には恥を忍んで見知らぬ人の家の呼び鈴を鳴らし伝道奉仕活動をしなければならない。伝道中にクラスの同級生に会おうものなら恥ずかしさの極致の地獄である。それを耐えることが出来たのは、私が深い洗脳状態にあったからだ。ものみの塔協会の言うことは真実で、今を耐えればハルマゲドン後の将来は楽園に入って永遠の命を享受できる。そう信じていた。

“エホバの証人のやめかた(ものみの塔協会組織から離れる方法)” の続きを読む


エホバの証人2世の小学校生活

灰色の小学校生活

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。小学校高学年になるとこの自分の状況が圧倒的に不運であると思い始めた。エホバの証人2世である限り、明日は何ら楽しみでなく日常の景色は灰色だった。

2日か3日おきに抜群に退屈な王国会館での集会がある。この日の放課後は友達と遊ぶことは許されない。集会の予習をしなければならないからだ。この集会では1ヶ月に1回程度の間隔で割り当てというものが回って来る。神権宣教学校というものみの塔協会の教育プログラムに従い自分で考えた5分程度の話を大勢の信者たちの前でしなければならない。この準備も大変だった。

集会の日は友達と遊ぶことも出来ないし、集会の無い日でもエホバの証人でない友達と遊ぶことに対して親は良い顔をしなかった。集会の無い土曜日も学校が終わった午後になると野外奉仕活動と言われるエホバの証人の布教活動に出なければならなかった。

私が小学生の頃は土曜日の午前中はまだ学校があった。途中で学校も完全週休二日制になったのだが、私にとってはこんなものは嬉しくも何ともなかった。結局はこの野外布教活動に参加しなければならない時間が増えただけだった。楽しみなど何もない小学校生活だった

エホバの証人の子供の体罰からの卒業

“エホバの証人2世の小学校生活” の続きを読む


エホバの証人の子供に生まれた不幸

エホバの証人の学校生活

私はほぼ生まれながらにエホバの証人として育てられた。小学校高学年になった私はクラスメイトと同じようにクリスマス会もしたかったし、校歌も国家も斉唱し、騎馬戦にも出場したかった。そういった活動全てはものみの塔協会の柔軟性のない戒律によって禁止されていた。

学校の先生は小学生の私が何かの行事に参加出来ないと言う度に干渉してきた。しかし小学生だった私がエホバの証人の掟を破ったらどうなっただろうか?親の保護無しには生きられないし、親を捨てる覚悟もない。10歳ちょっとでその覚悟は生まれようがない。今までの親と過ごしてきた時間が自分の人生の総量に占める割合が大きすぎた。未だ両親の愛情を必要としていた年齢だったのである。

であれば親に秘密で学校生活においてだけエホバの証人でない顔をするしかないのだが、事あるごとに干渉してくる学校の先生はそれを保証できない。親に黙っていて後でばれたときに自己の保身が出来ないからだ。覚悟も無いのに、仕事だから念のため干渉してくるだけの無能な地方公務員、エホバの証人の子供だった私は学校の先生をその程度に捉えていた。

エホバの証人の子供に生まれた不幸

“エホバの証人の子供に生まれた不幸” の続きを読む


田舎へ引っ込む理由はものみの塔という偶像のせい

田舎暮らしのエホバの証人

小学校4年生になるときに私の一家は北陸の田舎へ引っ越すことになった。両親双方が北陸出身だったので、両親それぞれの実家の間に引っ越すことになったのである。両親は私が多感な少年期を迎えて都会にいるとこの世”の誘惑に晒されるという思いもあって田舎に引っ越すことを選んだようだった。

これが良かったのか、悪かったのか、私は10代半ばになると見渡す限り田んぼしかないこの田舎町が大嫌いになった。こんな所を離れたいという思いも相まって、エホバの証人を絶対に止めて親元を離れるのだという強い決意の元となった。小学校4年生の時の引越しが、私が14歳になるかならないかの時にエホバの証人を止めることが出来た原因の一つでもあった。

確かに元住んでいたわりと都会と言える地域のエホバの証人の子供たちはもうちょっと大きくなってからエホバの証人を”やめた”、組織から”離れて”いたというイメージがあった。

幼児に性的虐待を行っているエホバの証人

“田舎へ引っ込む理由はものみの塔という偶像のせい” の続きを読む


苦痛に満ちた少年時代

エホバの証人2世が初めて気付く違和感

私は小学校に入る1986年に1度目の引越しをすることになる。エホバの証人の会衆は変わらず小学校が隣の校区へ変わるだけだった。エホバの証人2世の子供は幼稚園や保育園といった幼児教育を受けないので仲の良い友達との別れというようなものは無かった。

そもそもエホバの証人2世の幼児にとってはエホバの証人の世界がほぼ全てである。引越しした先で小学校に入学した私は初めてエホバの証人以外の社会に触れることになった

引っ越す前に同じアパートに住んでいた男の子が地元のお祭りに行こうと”はっぴ”を来て誘いに来てくれたことがあった。お祭りは突き詰めると八百万の神々に対する感謝の行事なので異教のものとしてエホバの証人にとっては禁止事項である。私は母親に遮られてお祭りに行くことは出来なかった。

この時に感じた違和感を小学校生活では常に味わうことになる。この違和感に気付いたときはすでに遅すぎた。両親は後戻り出来るような健全な脳の状態をしていない。完全なものみの塔協会のマインドコントロール下に置かれていた。子供の私が何を言っても始まらない。待っているのはこらしめと呼ばれる体罰である。

“苦痛に満ちた少年時代” の続きを読む


体罰全面禁止の国のエホバの証人

体罰の悪影響

体罰は身体的な痛みだけでなく精神的な痛みを伴う。みじめさや恐怖心は子供の心の成長に悪影響を及ぼす。これは科学的な調査によって明らかにされている。アメリカ合衆国で2002年に発表された体罰の研究成果がある。

体罰を受けて育った子供は、その時には親の言うことを聞くという一時的「効用」があるが長期的には

  • 攻撃性が強くなる
  • 反社会的行動に走る
  • 精神疾患を発症する

などの副作用があることが分かっている。

これはまさにエホバの証人2世としてこらしめというを暴力を振るわれて育った私にまさにあてはまっている。精神疾患は辛うじて免れていると思いたいが、私は攻撃性の強さと反社会的行動で20代を走り抜けてしまった。

体罰を受けて育った子供は言葉や社会性の発達にもはっきりと遅れが見られるのである。体罰には良いことなど何もないのだ。日本は違うのだが体罰を法律で禁止している国が世界に52ヵ国もある。

“体罰全面禁止の国のエホバの証人” の続きを読む


唯一の真理とは程遠いエホバの証人

エホバの証人2世の同級生

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。禁止事項の多いものみの塔協会の教義を厳格に適用され幼少期から少年期を過ごすことになった。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。そしてエホバの証人2世だったことなど素知らぬ顔で高等課程へ進学したのだった。いわゆる高校デビューである。この学校は自宅から1時間ほど離れていて私のエホバの証人2世だった過去を知っている人はほとんど進学していなかった。

しかしこの学校には他の中学校からエホバの証人2世が進学してきており、偶然にも同じクラスに2人も2世信者がいた。1人は献身までしているという。どうやら私が元エホバの証人2世であるということをあちらも知っていたようだが、特別に私にエホバの証人という関係性で接触してくることはなかった。こちらとしてもそれは大歓迎だったので素知らぬ顔でいることにしたのだった。

“唯一の真理とは程遠いエホバの証人” の続きを読む


エホバの証人2世の高校デビュー

エホバの証人2世の高校デビュー

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。14歳のときに自分の意志でエホバの証人をやめる。私がエホバの証人をやめる中学生までの友達というのは現在の私には一切存在しない。エホバの証人2世だったという暗く辛い過去を思い出すのでその頃のクラスメイトの顔など今でも見たくないのである。

中学生までのクラスメイトには私が変わり者のエホバの証人2世であるということが十二分に知れ渡っている。学校の給食の合掌のときには手を合わせないしクリスマス会にも参加しない。週末になると妙にかしこまった格好をしてボランティア活動と称して家にやって来る。ものみの塔協会の勧誘活動のためである。私は随分と危険な奴だと認識されていた。自ずと中学校以前の同級生との交流は廃れていった。

私にとって幸運だったのは家からだいぶ離れた高校へと進学したことである。いわゆる高校デビューである。エホバの証人2世ではない新しい自分として高校生活を始めたのだった。そしてさらなる幸運なことは30歳を超えた今でも交流がある友人たちとこの高校時代に出会えたことである。

“エホバの証人2世の高校デビュー” の続きを読む


遅効性のエホバという毒

消滅するエホバの証人の人間関係

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。両親はともに熱心なエホバの証人で9歳のときに田舎に家族で引っ越すことになる。私は田舎の中学校に通うことになったのだが同学年にエホバの証人2世が私を含めて3人いた。我々エホバの証人2世3人はものみの塔協会が禁止している学校の行事などには参加しないというスタンスで足並みを揃えていた。

しかし私は中学2年生のときに自分の意志でエホバの証人をやめる。私がエホバの証人をやめたことで他のエホバの証人2世の2人との交流は無くなった。もともとお互いにエホバの証人2世だったという理由でつながっていただけの関係である。誰かがエホバの証人組織をやめればその関係は消滅するのである。

エホバの証人をやめることでエホバの証人組織の人間関係はほぼ全て失われる。むしろエホバの証人をやめる側の当時の私からすれば、気味の悪い新興宗教団体に属している人間との接触は避けたいのである。またエホバの証人組織の人間に関わると自分のエホバの証人2世として育てられたという暗い過去を思い出すことになる。

“遅効性のエホバという毒” の続きを読む