エホバの証人2世の希望

エホバの証人2世の希望と決意

私は物心ついた頃からエホバの証人2世として育てられた。10歳を過ぎた頃にエホバの証人をやめたいという漠然とした願いを抱き始めることになる。ものみの塔協会の禁止事項の多い教義と熱心なエホバの証人だった両親から自由になりたかったのである。集会や伝道奉仕活動に自分の時間を割かれるのが嫌でたまらなかった。

独立して親元を離れれば多少は自由になれるしそれまでの辛抱だと思っていた。1人で暮らすようになればエホバの証人をやめる前だとしても何でもやりたい放題である。王国会館に通うことやものみの塔協会の勧誘活動、エホバの証人そのものをも親元を離れればやめやすいだろうと思っていた。いつかエホバの証人をやめるという希望だけが10歳を過ぎた頃の私にはあった。

しかしこの脱エホバの時期を大きく前倒しにするきっかけとなったものがある。14歳から16歳にかけて私がサッカーに熱中することになったのだ。これがエホバの証人を今すぐにでもやめるという決意の理由になった。グダグダ王国会館に通っている時間があればサッカーの練習をしたかったのである。

“エホバの証人2世の希望” の続きを読む


ベテルという墓場

エホバの証人2世にとってこの世は地獄

私は物心ついた頃に母親によって王国会館へ連れて行かれ始めた。当初、子供の私は王国会館で行われるエホバの証人の集会を拒否してぐずっていた。しかし父親まで一緒に王国会館へ行くようになり私も集会の間はおとなしくしているしかなくなった。

ちょっとでも静かにしていないとこらしめの行われる部屋へ連れて行かれしこたま痛い目に会うのである。パンツを脱がされ声を上げて泣くまでは必ず叩かれる。その後で集会場に戻り周囲の痛い視線を浴びるのは子供ながらに自尊心が傷つけられた。

エホバの証人2世の子供が何らかの自分の欲求を主張したとしよう。そのときにエホバの証人の両親は子供の欲求がものみの塔協会の教義に沿っていない場合はそれを力ずくで矯正する。強引に強制的にその修正は行われる。それが親の責務だと信じ込んでいるのである。エホバの証人2世の子供には手痛い体罰が待っているので、彼らはすぐに自分の希望を口にすることをやめてしまう。

それでも子供がその要求を曲げなかったとする。その場合は子供が悪魔サタンの誘惑に負けていて、子供の行為は悪魔の行為と同等であるとさらに強烈なこらしめを行うのである。懲罰の度合いはどこまでも増していく。子供が最後まで折れない場合はやがては子供を死に至らしめるだろう。

子供が伸び伸びと成長できる環境などエホバの証人の家庭には存在しない。現実の死を与えるか自由を奪い精神的な死を与えるか。エホバの証人の子供にとってこの世界は地獄である。

“ベテルという墓場” の続きを読む


愛する親によってがんじがらめにされるエホバの証人2世

親の顔色を伺うエホバの証人2

子供の望む大抵のことはものみの塔協会によって禁止されているか推奨されていないことになる。敬虔なクリスチャンであろうとしている親たちは盲目的にものみの塔協会の教義に従う。エホバの証人の子供に厳格過ぎるものみの塔協会の教義を押し付け子供の希望を打ち砕いてしまう。

それでもエホバの証人2世の子供たちはまだ親を愛していて、親の愛と是認を得ようとする。これは当然のことである。そもそも子供は親がいなければ経済的に自立する力がまだ備わっていない。親の承認を得て生活全般の保護を受けなければ生きていくことが出来ないのだ。

エホバの証人の子供とエホバの証人信者の親との間では意見や見解の相違が頻発する。子供ながらの朗らかな要望とものみの塔協会的思考の親の求めるものが全く異なるからである。それでもエホバの証人2世の子供は物質的にも精神的にも親を必要とせざるを得ない。必然的にエホバの証人の子供は親の顔色を見て生活するようになる。

“愛する親によってがんじがらめにされるエホバの証人2世” の続きを読む


エホバの証人に対する撒き餌

エホバの証人の野外集会

エホバの証人の日曜日の集会だが半年に一度ほど野外集会と称して大きな公園や河川敷などで行われることがあった。レジャーシートが敷かれその上に座りいつもより短い1時間弱の集会が開かれる。公開講演は無くものみの塔誌の討議だけで終わる。私の父親は会衆の長老だったのでこの野外集会の際などにもリーダーシップをとって会場の設営などを行っていた。

野外集会の日はものみの塔誌の討議も省略版になる。通常のパターンならばものみの塔誌を誰かが音読した後で欄外に書かれている質問を司会者が読み上げる。続いた挙手した信者が回答するという手順で行われる。ただし野外集会の際には朗読が省かれいきなり質問が読み上げられた。そして予習してきた信者が挙手して回答するのである。

これはエホバの証人2世の子供たちにとって画期的な素晴らしいシステムだった。天気の良い日にレジャーシートを敷いて近くには持参した野球道具などが置かれている。信者たちが手作りして持ち寄った弁当やおかず、飲み物も豊富に用意されている。いつもの長くて退屈なだけの公開講演は無いしものみの塔の朗読も省かれているのでぐんぐんとプログラムは進んでいく

簡単なものみの塔誌の討議が終わると持ち寄った料理や飲み物などで昼食をとる。もちろんアルコールが持ち込まれることは無かった。信者たち全員が協力し合って準備から後片付けまで行われる。その後で”レクリエーション”の時間となる。

“エホバの証人に対する撒き餌” の続きを読む


エホバの証人2世の子供の悪事

エホバの証人2世という問題児

エホバの証人2世の子供は他の信者の子供だけでなく一般の子供たちに対しても常に”模範的”であることを求められる。学校でも人の嫌がる掃除などを率先して行い校則などの決まりを守ることはもちろん、先生にも常に褒められるようにしていなければならない。

エホバの証人の子供はちょっとでも宗教臭のする行事には参加出来ないし国歌や校歌をの斉唱も禁止されている。ただでさえ問題児と見做されやすいのである。なおさらものみの塔協会の顔に泥を塗ることのないように学校では特に模範的であれと言われたものである。

ただ学業やスポーツに専念することはエホバの証人2世の子供には認められていない。それよりものみの塔協会の活動に熱心であることを強制されるのである。私も子供の頃には学校の成績が優秀であるということは特に求められなかった。

ここがポイントで勉強が出来たり運動が出来たりというのは遺伝的な要素や個々の才能、努力に依るものなので、全てのエホバの証人2世の子供が達成出来るはずはない。ただ人格的に否定されず悪行を行わないというようなことは、エホバの証人2世の子供として出来て当然と考えられていたのだった。

“エホバの証人2世の子供の悪事” の続きを読む


エホバの証人2世の危険な遊び

エホバの証人2世の危険な遊び

まだ私の両親がエホバの証人の研究生だった頃の話である。私の父親の聖書研究を担当していたエホバの証人の家庭とは家族ぐるみの付き合いになっていた。その家族は全員がエホバの証人という神権家族だった。ちょうど私と同じくらいの年齢の子供もいて父親が聖書研究をしている間、私はその子供と一緒に待っていたのである。

その子は阿部君という名前で、不確かな記憶ではあるが父親の聖書研究の間、私も阿部君にエホバの証人の教義を教えられていたような気がする。後に私もその阿部君の立場になったことがある。父親が”開拓”した研究生の家族の子供にものみの塔協会の教義を教える聖書研究の真似事をしていたのだ。子供が子供にカルトを仕込む何とも危険な遊びである。

阿部君は驚くほど穏やかで礼儀正しい子供だった。

「僕はエホバの証人2世ですから」という綺麗な言葉使いは同年代の近所の子供からは聞いたことがない代物だった。

「一緒にこの本を読んでお父さんを待っていましょうね」などと大人のような話し方をするのである。小学校に入る前の通常は泥だらけになって走り回っているような子供がこんな感じなのである。おそらく2人で読んでいた本はものみの塔協会が子供向けに発行していた黄色い本である。ものみの塔協会の新世界訳聖書の内容を子供向けに絵本感覚にしたものだ。

“エホバの証人2世の危険な遊び” の続きを読む


エホバの証人2世が蛍光灯を割りまくること

模範的であれという拷問

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。エホバの証人の子供は常に”模範的“であれと言われる。私の家などは両親ともに熱心なエホバの証人で父親は会衆の長老で母親は正規開拓者だったので、特に模範的であるようにと厳しく躾けられた。

週に三度の集会では大人しく話を聞いて座っておらねばならず、その集会の前後の王国会館で子供だけで遊ぶような”交わり”の時間でも他のエホバの証人の子供の模範となるようにと言われた。野外を家から家へと連れまわされるものみの塔協会の伝道奉仕や他人の家へ上がりこんで行われる聖書研究のときも常に大人しく模範的な子供でいなければならなかった。子供の頃の私は一瞬たりとも息を抜けず四六時中エホバの証人2世として模範的でなければならなかったのである。

何といっても子供なのだ。はしゃぎたい時に大はしゃぎさせるべきなのである。葬式だとか何だとかという絶対に騒いではダメなときも存在するだろう。そのときは説明するか一緒に退席すれば良い。 それくらいは子供でも判断できるものである。しかし毎日が子供らしく振舞えないとなると、活発な子供にとってはもはや日常が強烈なストレスなのである。

“エホバの証人2世が蛍光灯を割りまくること” の続きを読む


エホバの証人2世という暴走人間

エホバの証人2世の精神汚染

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。幼児期も幼稚園や保育園に行くことなく母親のものみの塔協会の伝道活動に連れ回されていた。

エホバの証人の研究生の家に上がりこんで聖書研究と称してものみの塔協会の出版物を用いた洗脳活動が行われることがある。この聖書研究にも子供の私は同行させられていた。人の家に子供まで連れて上がりこんで従順なエホバの証人に仕上げるべく洗脳を行うのである。

この聖書研究や伝道中の子供はものみの塔協会の広告塔のような役割を背負わされている。子供がこんなにも大人しく賢く育つとは何と素晴らしい宗教でしょうという具合になるのだ。

その実エホバの証人2世の子供の精神状態はズタズタである。そんなにも大人しくしているのは(いなければならないのは)こらしめという体罰の支配下にあるからである。少しでもはしゃいだり大きな声を出したりぐずったりすれば、帰宅後にしこたまお尻を叩かれるのである。愛する両親が一変し鬼の形相で怒り狂うのである。その後で抱き締められ諭される子供の心はいかなるものか。

“エホバの証人2世という暴走人間” の続きを読む


母親によるジャッジメント

エホバの証人の子供がゲームを禁止される理由

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。14歳のときに自分の意思でエホバの証人をやめたのだが、それまではゲーム機などを与えられることも無かった。友達の家でゲームをするというのもほぼ禁止されていた。ゲームというとだいたいが攻撃的な要素を含んでいるからである。ものみの塔協会は聖書にある

“彼らはもはや戦いを学ばない”

という記述をきっちりそのままに信者のエホバの証人に守らせている。エホバの証人は学校での格闘技の授業は禁止され、徴兵も拒否するのである。

テレビゲームの場合ほとんどが敵を倒すという目的を持つものになる。もろに格闘ゲームの場合はエホバの証人的に完全にNGである。ロールプレイングゲームでもほとんどが敵が出てくるので私の家では禁止だった。この辺はものみの塔協会の教義をどれだけ厳格に適用するか家庭によって分かれるところだった。

戦国シュミレーションだったりするとOKの家庭もあるのだが、厳しかった私の家庭ではそもそもが戦(いくさ)を題材としているのでNGだった。歴史という視点で見てくれれば良いものなのだが、そうはいかなかったのである。パズルゲームでもステージの合間に敵を倒すようなあくまでも”おまけ”的なシーンがあっても駄目だと言われる始末である。

“母親によるジャッジメント” の続きを読む


楽しいことなど何ひとつ無いエホバの証人の人生

こらしめという愛情の押し売り

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。両親ともにものみの塔協会に完全に洗脳された熱心なエホバの証人だった。この両親の言うことを聞かないと私は幼児の頃からこらしめと言う体罰を与えられた。両親はこらしめのときは鬼のように一変した。両親にしても必死だったのである。愛する我が子が泣き叫んで許しを求めているのに規定回数までは叩かなければならないのである。まさに心を鬼にしてムチを振るっていたのである。

このこらしめが終わると両親は普段以上に優しくなった。これが子供の私を混乱させる。いったい本物の両親はどっちなのか?本物というかこらしめのときの両親がああなってしまうのは、結局は自分のせいなのだと思わざるを得なかった。エホバの証人2世の子供はこうして自分が悪いと思い込むようになる。精神衛生上いたってよくない傾向である。

両親にしても明らかに癇癪を起こして怒っていると思えるときがあった。それでもエホバの証人的に正当なこらしめをしている風に振る舞うのである。そんなときほどこらしめの後で怒っていない方の親が異常に優しくなるのである。結局、エホバの証人の子供はこらしめという暴力行為は恨みとして残るのだが、それでも優しい両親というイメージを抱かざるを得ない。両親に愛されたように自分も両親を愛さざるを得ない。ものみの塔協会が愛ゆえのこらしめなのだと執拗に強調するのもこのためである。

“楽しいことなど何ひとつ無いエホバの証人の人生” の続きを読む