唯一の真理とは程遠いエホバの証人

エホバの証人2世の同級生

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。禁止事項の多いものみの塔協会の教義を厳格に適用され幼少期から少年期を過ごすことになった。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。そしてエホバの証人2世だったことなど素知らぬ顔で高等課程へ進学したのだった。いわゆる高校デビューである。この学校は自宅から1時間ほど離れていて私のエホバの証人2世だった過去を知っている人はほとんど進学していなかった。

しかしこの学校には他の中学校からエホバの証人2世が進学してきており、偶然にも同じクラスに2人も2世信者がいた。1人は献身までしているという。どうやら私が元エホバの証人2世であるということをあちらも知っていたようだが、特別に私にエホバの証人という関係性で接触してくることはなかった。こちらとしてもそれは大歓迎だったので素知らぬ顔でいることにしたのだった。

“唯一の真理とは程遠いエホバの証人” の続きを読む


エホバという猛毒

辛く悲しいエホバの証人の神権家族

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。私の家庭はいわゆる神権家族だった。神権家族というのはエホバの証人組織の中での呼びかたである。両親ともにバプテスマを受けて兄弟姉妹と言われていて、子供たちも当然のように信教の自由を保障されることなくエホバの証人2世として育てられている家庭である。

片親だけがバプテスマを受けていてその子供である2世もバプテスマを受けていても、もう片方の親が未信者である場合は神権家族には該当しない。神権家族であり父親が長老だったので私は会衆内での立場も子供ながらに優遇され一目置かれていた。しかしその当時にはそういう意識はなかった。

中学生になったときに神権家族でない同級生のエホバの証人2世が先にバプテスマを受けた。私の両親は口には出さなかったものの私にも早くバプテスマを受けてものみの塔協会に献身して欲しいという思いがあった。その同級生の親のことを羨んでいた。しかし私はこの頃には既にいかにして早くエホバの証人をやめるかということを考えていたので全くプレッシャーなどは感じなかった。しかし親の期待や希望に沿えないということが10代中盤の私にとっては辛く悲しいことだった。

“エホバという猛毒” の続きを読む


エホバの証人2世のできなかったこと

エホバの証人2世の幼なじみ

私はほとんど生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。幼稚園や保育園といった幼児教育は一切受けず幼い頃から母親によってものみの塔協会の勧誘活動に連れ回される日々だった。幼なじみと言えば同じ境遇のエホバの証人2世だけである。その中でも一番仲の良かったのはジュン君というエホバの証人2世の子供だった。

私は小学校4年生のときに田舎に引っ越しているのでエホバの証人2世の幼なじみもいなくなってしまった。しかし引っ越した後でも同じエホバの証人組織に属していたのでジュン君を始めとする以前のエホバの証人の会衆の近況は何となく伝わってきていた。そして時が経過し私は14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。ジュン君も同じような時期にエホバの証人をやめたようである。

ジュン君と私の2人で協力してエホバの証人組織を抜ける相談をして手はずを整えるという選択肢もあった。しかしそのタッグを組むには我々は物理的に距離が離れ過ぎていた。私の家庭は両親がともにものみの塔協会に献身していて父親は会衆内でも長老という重要なポジションに着いていた。母親も熱心な正規開拓奉仕者だった。対してジュン君の家は父親がエホバの証人に対しては協力的ではあるもののバプテスマまでは受けていないという状態で家庭環境も異なっていた。

“エホバの証人2世のできなかったこと” の続きを読む


エホバの証人という幻想

長老という幻想

私は物心がついた頃から14歳になる直前までエホバの証人2世として育てられた。エホバの証人2世というのは片親もしくは両親がエホバの証人である子供のことである。両親ともにエホバの証人の場合はもれなく必ず、片親だけがエホバの証人の場合でもその片親の方が子供をエホバの証人として育てようとする。

私の家は両親ともにバプテスマというものみの塔協会に対する献身の儀式を受けていた。父親は会衆というエホバの証人を地域毎に集めた一単位の中で長老という要職についており、母親も正規開拓者というフルタイムでのものみの塔協会の伝道者だった。私はこういう両親ともに熱心なエホバの証人である神権家族と呼ばれる家庭で14歳までを過ごすことになった。私は一人っ子で兄弟はいなかった。

父親がエホバの証人の長老であるというのはだいぶ面倒なことである。父親はもちろん、母親やエホバの証人2世の私までが会衆内の模範”とならなければならないのである。このならなければならない”というのはそもそも幻想である。これはエホバの証人に限ったことではない。かくあらねばならないというものは全てが幻想である。人間はもっと自由で良い。

例えば父親が政治家だったり学校の先生だったりした場合を考えてみる。その家庭の子供は父親に似て生真面目で指導力があってさらに政治や教育関係の仕事に就く必要があるだろうか。本人の生き方と家族とは全くの別問題なのである。少なからず影響は受けるだろうが、父親のようであらなければならないという必要はないのである。しかしそんな理屈はエホバの証人には全く通用しない。

“エホバの証人という幻想” の続きを読む


エホバの証人ロボットのセックス問題

エホバの証人2世ロボットの裏表

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。私が子供の頃に家族ぐるみで付き合っていた阿部家という家があった。阿部家は両親揃ってエホバの証人という親権家族だった。阿部家も我が家と同じ家族構成で一人息子の阿部君は私と同じくらいの年齢だった。

阿部君は完璧なエホバの証人2世だった。騙されやすく染まりやすい、そして周囲に好かれるためにはどうすれば良いのか、それだけを考えている子供である。完全にものみの塔協会の洗脳下にあった。しかしエホバの証人2世には必ず裏表の顔がある。両親の前と学校での顔、会衆での年上の信者の前での顔と同年代のエホバの証人2世の間での顔、そういった裏表の顔を上手く使い分けているのである。 

私がエホバの証人をやめたいと考え始めていた小学校高学年の頃には阿部君はものみの塔協会に献身してバプテスマを受けたという風の噂を聞いた。阿部君は小さな頃からエホバの証人の会衆内でも”模範的”な2世信者だった。若くして”兄弟”と呼ばれることになった生粋のエホバの証人2世である。

そんな完全なるマインドコントロール状態にあるエホバの証人2世にも裏表があるのだろうか。阿部君に限ってはもしかすると聖者のように純粋にものみの塔協会の道を追い求める求道者だったのかも知れない。そう思えるほど阿部君はロボットのようなエホバの証人2世だった。

“エホバの証人ロボットのセックス問題” の続きを読む


強制されるエホバの証人2世の証言

ものみの塔崇拝の始まり

エホバの証人はお互いを兄弟姉妹と呼び合う。女性の信者だったら○○姉妹、男性なら○○兄弟というふうである。ただ兄弟姉妹と認められるにはバプテスマと呼ばれる洗礼の儀式を受けなければならない。バプテスマの儀式は大会という大きな単位での集まりの際に行われる。バプテスマを受ける側とバプテストの双方が水着に着替えて設置された小さなプールでこの儀式を行う。バプテスマを受ける側の信者がバプテストによって水中に一瞬沈められる。

心からものみの塔協会に献身していない人は髪の毛が水面に浮いてしまうなどというエホバの証人都市伝説があるが、これは出鱈目だろう。献身の儀式であるバプテスマを終えた後は、おめでとうございますとそこら中の信者から祝福されるのである。自分の時間や財産、そして自尊心までをも何もかもを存在すらしない神に捧げることになるさらなる悲劇の幕開けである。本人たちは神エホバに献身しているつもりなのだが、エホバの証人が献身しているのはものみの塔協会という組織である。組織に何もかもを捧げるものみの塔崇拝の始まりである。

“強制されるエホバの証人2世の証言” の続きを読む


エホバの証人という心理的死人

友達のいないエホバの証人2

エホバの証人2世が大人になった時に愕然とすることが、友達がいない、出来ない、作れないということではないだろうか。結局、友人と言える困ったときに助けてくれるような人は会衆内のエホバの証人信者ということになる。しかしその信者が同年代であるとしても突っ込んだ話は出来ない。その同年代の2世は親のスパイなのである。

本人たちにその気はなくともエホバの証人は互いに監視し合っている。大概の話は親に筒抜けになってしまう。気になる異性の話なんかは絶対に出来ない。これはエホバの証人2世に限ったことではない。信者どうしがお互いの信仰に対する忠実さへのスパイ行為をしているのである。エホバの証人の会衆内での噂話は簡単に広がる。集会後の交わりと称した信者どうしの交流の時間、王国会館は密告と情報交換の場になっているのだ。

エホバの証人2世は組織外の友人を作ることを許されず会衆内の友人との関係も形式的なものになりがちである。そもそも親たち大人からは同年代のエホバの証人2世どうしは比べられることが多い。あの子はもう伝道奉仕者になった、誰々は何と次の大会でバプテスマを受けるのだと聞かされる。私も洗脳が進んでイカれ具合が激しい同年代のエホバの証人2世に劣等感を抱くように親に仕向けられていた。エホバの証人2世どうしはライバル関係にあるとも言えるのである。

“エホバの証人という心理的死人” の続きを読む


偽りの家族

エホバの証人を10代でやめたあと

私は両親ともにエホバの証人という神権家族で育ち14歳でエホバの証人をやめた。もしエホバの証人をやめる前にものみの塔協会に献身していたら戒律に基づき私は組織からの排斥処分になっていたはずである。未成年にして喫煙や飲酒も始めていたし交際していた彼女とも体の関係があったからである。

私が17歳から18歳の頃の話である。この頃の私はもう二度とエホバの証人の組織に戻るつもりはなかった。これは当然今も同じである。またエホバの証人そのものを人間として毛嫌いしていた。10代の私の懐は狭くそう考えることしか出来なかった。

私にとっては排斥上等だったのである。ただ私は正式にバプテスマを受けて献身する前に組織をやめていたので、私が望むか望まないかに関わらず排斥という扱いを受けることにはならなかった。

私がものみの塔協会から排斥処分を受けていれば独立して家を出た後は両親と縁切りになりになっていたはずである。現在の私は短大卒なのだが中学校卒業後の高等教育を受けさせて貰えることも無かったかも知れない。そうなるとその学校で出会った現在に至るまでの貴重な友人たちと出会うことも無かった。

暴力団の組長の車と事故を起こしたときも自分で解決出来ただろうか。実際には未だエホバの証人だった父親が一緒に謝りに行ってくれて解決に至った。エホバの証人のことだけを優先して育てられた私には世の中を渡っていく感覚というものが全く養われていなかった。16歳で家を出ていたら一般的な日本人というかエホバの証人的に言う世の人”としても道を踏み外していたのかも知れない。それこそものみの塔協会の思う壷である。サタンの道を歩むとああなるのだと言われるのである。

“偽りの家族” の続きを読む


思考停止状態のエホバの証人

エホバの証人をやめるための勢い

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。両親ともに熱心なエホバの証人である神権家族で成長した。しかし私は小学校の高学年の頃からエホバの証人をいつかやめたいと考え始めた。この段階で両親の顔色を伺うためにバプテスマを受けていたら私の家族関係は今よりも悪い状態になっていたに違いない。

現在の状況でも両親は離婚して別居している。双方が死ぬまでに顔を合わせることはもう無いだろう。私も父親とは数年に一度会うか会わないかである。もしも私が偽りのバプテスマを受けていたら遅かれ早かれエホバの証人組織から排斥処分になっていたはずである。

エホバの証人を実際にやめた14歳の頃の私はサッカーに熱中したいという自分の目的のためならば家族の崩壊すら厭わなかった。ある意味怖いもの知らずという状態である。しかしこれくらいの勢いがないと幼い頃から培われたものみの塔協会による洗脳状態から脱することは難しい。

自分が滅ぼされるだろうハルマゲドンや天上から我々を監視している神エホバはやはり恐ろしい。そして親の言うことは絶対に間違っていないというふうにも洗脳されている。しかしエホバの証人の親でも間違った選択をすることがある。

伝道で自宅に訪れたエホバの証人を家に上げたこと、そして王国会館に通い始め家族丸ごと洗脳されてしまったこと、エホバの証人の子供の親は既に大きな過ちを犯しているのだ。しかし深い洗脳状態にあるエホバの証人2世にはそんなことが解るはずがない。またエホバの証人をやめることは親を裏切ることと同義であるともエホバの証人2世たちはマインドコントロールされている。

何らかの勢いをつけないとエホバの証人2世はものみの塔組織から去ることが出来ない。子供の頃から受けたものみの塔協会による洗脳はそれほど深いのである。

“思考停止状態のエホバの証人” の続きを読む


14万4000人の残りの者の勘違い

エホバの証人のバプテスマに伴うリスク

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられ、両親は熱心なエホバの証人信者だった。父親は会衆の長老を務め、母親は正規開拓者だった。しかし私は小学校の高学年の頃からいかにしていつエホバの証人をやめるかということを密かに考えていた。この頃の私の考えは両親にある程度見透かされていたのかも知れない。そんな私にバプテスマを受けさせ正規のエホバの証人にしてしまうことは私の排斥のリスクを高めることになる。

家族から排斥者を出せば会衆内では白い目で見られるようになるし、何よりも親子としてのコミュニケーションが許されない状態になる。成人すれば家から追い出すように独立させそれ以降は縁切りとなるのである。ものみの塔協会への献身を誓うバプテスマの儀式にはその危険が伴うのである。

私がエホバの証人をやめた頃は私の両親はまだものみの塔協会の強固なマインドコントロール下にあった。両親にとっては私が排斥処分になれば愛する一人息子のハルマゲドンからの救いが大きく遠のくことになるという恐怖もあった。そうして私はバプテスマを受けることなくものみの塔組織を去ることになったのである。最後の最後には熱心なエホバの証人だった両親により、私はものみの塔協会へ献身するバプテスマの儀式から守られたのである。

“14万4000人の残りの者の勘違い” の続きを読む