『カルト宗教やめました。「エホバの証人2世」の私が信仰を捨てた後の物語』

前作『カルト宗教信じてました。』に続く『カルト宗教やめました。』

こちらも電子書籍版でも発売されているので、実際の本で読みにくい現役エホバの証人におすすめの一冊です。作者は元2世信者で現在は無事に?離脱、そして親という私と同じ立場で感じ入る点が多数ありました。

見知らぬ家の呼び鈴を鳴らす夢を未だに見る

私もこの夢は未だに見ます。エホバの証人をやめて25年以上経過した今でもです。同じ悩みや問題を抱えている他人がどう生きているのか?を知ることは自身の傷を癒すことになります。是非この本を読んでカルト宗教やめましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルト宗教やめました。【電子書籍】[ たもさん ]
価格:1100円 (2021/3/25時点)

楽天で購入

 

以下、深く同意したシーン

作者の母親がヘビ嫌い

“『カルト宗教やめました。「エホバの証人2世」の私が信仰を捨てた後の物語』” の続きを読む


『カルト宗教信じてました。』

エホバの証人2世の実体験のコミック

エホバの証人2世の実体験をコミック化した本です。洗脳が解ける瞬間が鮮やかに描かれています。この本の作者はネットの情報や組織外の書籍を見て、エホバの証人の洗脳が解けています。ものみの塔協会が外部の情報に触れさせないようにしているのは、この解脱が怖いからです。

 

この本の作者は元々、エホバの証人組織の教義に懐疑的でした。信者の頃から自信の子供の輸血を承諾していたり、エホバの証人組織が強要する子供への体罰も行っていません。エホバの証人と言えば輸血は絶対禁止、子どもへの体罰(虐待)推奨の組織です。

この本の作者は、エホバの証人に洗脳されつつも、自分の頭で思考する能力がまだ残っていたのです。それでも、ハルマゲドン、その後の地球のパラダイス化という突拍子もないエホバの証人の教義にはしっかりとマインドコントロールされていました。

どんないい加減な教理でも、子供の頃から繰り返し繰り返し、刷り込まれると脳に染みついてしまうのです。まるでナイフで木に刻まれた文字のように。

“『カルト宗教信じてました。』” の続きを読む


『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』

『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』

 

エホバの証人2世の境遇を描いたコミックです。紙書籍版は中古しか販売されていませんでした。電子書籍版なら端末を覗かれない限り、読んでいるのを知られないので、現役信者の方にもおすすめ。

エホバの証人組織は組織外の本を読んではいけないと言っているが、それは自分たちの主張を守るための情報統制洗脳の手段です。自分から知ろうとしない限り真理はあなたの元にはやってきません。

この本は危険でもないし、本ブログのようにエホバの証人組織に対して攻撃的・真っ向から批判している訳ではありません。コミックなので読みやすく、絵柄もエホバの証人2世信者でも受け入れやすい優しいタッチです。

エホバの証人2世の気持ちを代弁する本

“『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』” の続きを読む


笑顔のないエホバの証人2世

笑うことの出来ないエホバの証人2世

私は生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。小学生の終わりにはエホバの証人をやめたいと思い始め、中学1年生のときにエホバの証人をやめることを決断する。1990年代前半のことである。この頃の私はサッカーに熱中していて、エホバの証人の活動に充てる時間を自分の好きなサッカーに充てるべきだと思い始めていた。

幼い頃からのエホバの証人の洗脳で私は本当にハルマゲドンという世界の終わりが来ると信じていた。ものみの塔協会によって禁じられているマスターベーションをやめることが出来なかった私はハルマゲドンでこの身を焼き尽くされることを覚悟していた。残り短い生であれば好きなサッカーを思いっきりやりたかった。

エホバの証人をやめるという決意をしてから実行に移すまで1年近く時間を要した。この時期が私の人生の中で一番辛い時期だった。この15年後、私は無茶苦茶な生活をしていて、借金だらけの上、飲酒運転で自動車免許取り消しになって仕事を失いかけた。頭に円形脱毛症が出来るほどのストレスだったのだが、それでもこのエホバの証人をやめるという決断を実行できずにいた14歳の頃に比べれば格段に楽しかった。何かちょっとでも面白いことがあれば、笑うことが出来た。14歳の私は一瞬たりとも笑うことが出来ない闇の中にいた

両親の限定的な愛情に縛られるエホバの証人2世

“笑顔のないエホバの証人2世” の続きを読む


エホバの証人のやめかた(ものみの塔協会組織から離れる方法)

エホバの証人の幼い子供へのマインドコントロール

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。中学生にもなると私はエホバの証人2世であることが嫌で嫌で仕方が無かった。でも両親は15年近くも熱心なエホバの証人で、両親の期待や両親そのものを裏切ることになるので私はエホバの証人を辞めると言い出すことはなかなか出来なかった

そもそも私自身が深いものみの塔協会の洗脳状態にあった。物心つく前からエホバの証人として育てられたのが原因である。

天にエホバというおっかない短気な神様がいて、私が罪を犯して悔い改めないと間もなく来るハルマゲドンというこの世の終わりで焼き尽くされてしまう、そんな恐怖心に駆られていた。エホバの証人を辞めてしまうとあっけなく私の人生は幕を閉じてしまう。そう信じていた。

馬鹿馬鹿しい話だと思うだろうがこれが真実である。幼い頃からそう教え込まれていたので信じ切っていた。小さな子供に体罰付きの恐怖政治を敷いた結果である。子供の教育というのがいかに大事か分かって頂けるだろうか。

つまらないエホバの証人の集会に週に3回も出席し、毎週末には恥を忍んで見知らぬ人の家の呼び鈴を鳴らす伝道奉仕活動をしなければならない。伝道中にクラスの同級生に会おうものなら恥ずかしさの極致の地獄である。それを耐えることが出来たのは、私が深い洗脳状態にあったからだ。

ものみの塔協会の言うことは真実で、今を耐えればハルマゲドン後の将来は楽園に入って永遠の命を享受できる。そう信じていた。

“エホバの証人のやめかた(ものみの塔協会組織から離れる方法)” の続きを読む


エホバの証人2世の子供の不幸

体罰と愛情と恐怖による洗脳による強制

田舎へ引っ込んだ両親はますます熱心にエホバの証人の活動に集中するようになった。父親は会衆の長老になり母親は正規開拓者として熱心に伝道活動に従事していた。私もそれに引きずられてエホバの証人2世として集会や伝道などものみの塔協会の活動を中心とした小学校高学年を送ることになった。もちろん強制的にである。

内心、嫌ではあったが小学生だった私が親に抵抗する術は無かった。兄弟もおらず両親ともにエホバの証人だったので、今日だけは集会に行きたくない、そう言い出すことすら出来なかった。待っているのはこらしめという名の体罰である。体罰も理由の一つではあったが洗脳状態の両親からですら愛情を得なければ物質的にも精神的にも生きていけないという要因もあった。

また、物心ついた頃からものみの塔協会に洗脳された影響も非常に大きい。天にはエホバという絶対的で愛に溢れた許しの神がいるのだが、彼のその許しの精神も間もなく限界に達し、自身の創造物全てを一旦焼き尽くそうとしている。その大患難を生き残るためには、しこしこと王国会館での集会に通い続け、終わりの日が近いと伝道して回らなければならない。私はそう信じ込まされていた。

田舎のエホバの証人の子供の不幸

“エホバの証人2世の子供の不幸” の続きを読む


カルトという完全悪

親族を巻き込むほど不幸になるエホバの証人

1990年、私の両親は小学生だった私を連れて田舎に引っ込んだ。親族をエホバの証人の組織に引き込むためである。しかし幸いなことに私の親族は誰も両親の声に耳を傾けなかった。これで親族一同がエホバの証人になっていたら、これは最大の不幸だった。今となってはエホバの証人をやめた私の両親だが、親族までカルトに引き込んで不和の原因を作っていたらと考えるとその罪悪感たるや計り知れないものがある。

親族の中では一番クレバーそうな私の父親がどっぷりとエホバの証人の組織に落ち込んでしまったのは不思議なものがある。それほどカルトの罠というのは人の心のわずかな隙を突いて、周到に被害者の心をがんじがらめにしていくものなのだ。

エホバという偽神、ものみの塔という偶像

“カルトという完全悪” の続きを読む


家族の明日を考える

家族の明日を考える

週末や夕方の駅前で大きなボードを置いて『ものみの塔』や『目ざめよ!』だかの出版物を持って立っているエホバの証人を見るとゾッとする。思わず恥ずかしくなって目を背けてしまう。過去の自分を見ているかのような気がするからだ。

ああやって街頭に立ったり、家から家へと不毛に呼び鈴を押して歩いていたのがもう20年も前のことなのだが、未だにこの傷は癒えない。自分から街頭に立っているエホバの証人に話しかけて「オレ背教者なんだけど、このブログちょっと見て下さい」とやれるくらいに私も図々しいと良いのだがそうもいかない。

ちょっと前に駅前で見たのが『家族の明日を考える』というような立て看板の横で立っている年老いたエホバの証人たちだった。「お前の家族の明日を考えろ」と言ってやりたい所だが目を合わせないようにして立ち去る。どうせ息子娘たちはエホバの証人を止めて疎遠、絶縁状態になっているのだ。孫の顔も見れないのだろう。

“家族の明日を考える” の続きを読む


エホバの証人という架空の癒し

エホバの証人の現実逃避

私が最近自分の息子と接していて感じたことなのだが、人生においてこの瞬間が一期一会なのである。息子がようやく話せるようになりつつある今日は二度と来ない。熱心なエホバの証人だった私の両親には今この瞬間を貴重だと思う感覚が無かった。私が高熱を出しても腕を骨折してもどこか現実味が無かったのである。無論心の底からいたわり心配はしてくれていたのだが、どこかよそ事感があった。

エホバの証人だった私の両親が何事においても臨場感が無かった理由は、ハルマゲドン後の楽園で我々は完全な人間に生まれ変わるという幻想を深く信じていたからである。エホバの証人信者たちが深く洗脳されていくのは不甲斐ない現実と不完全で辛い現在からの逃避を目的としている

今日1日をダラダラと過ごしてしまったのも自分が不完全なせい、楽園で完全な人間に生まれ変わればこんなことがなくなる、大怪我をして体や顔に傷が残っても問題ない、楽園では完全な体に変貌するのでいつかは消える傷である、人間関係に大きな問題が生じかけているけど、相手はこの世の人でハルマゲドンの通過は望めないから問題ない、エホバの証人の会衆内の人間関係にも齟齬が生じているがこれも今積極的に解決せずとも楽園で完全な人間になればいずれ回復するだろう。エホバの証人は目前の問題から逃げてさらなるマインドコントロール状態に陥っていくのである。

“エホバの証人という架空の癒し” の続きを読む


ものみの塔協会による逆説的洗脳状態

エホバの証人という災厄

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。両親ともに非常に熱心なエホバの証人でいわゆる神権家族だった。私は14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。それ以後、私の家族は家庭の崩壊、両親は離婚に至るという取り返しのつかない状態に陥った。

もはや私と両親の家族関係の修復は不可能である。これは私の家庭がエホバの証人だったからという理由以外にはない。エホバの証人の創始者であるラッセルと2代目の会長であるラザフォード、どちらも円満な夫婦関係は築けなかった。エホバの証人は家族や夫婦という最低限の人間関係を充実させる宗教ではなく害をもたらす災厄的存在であると考えるべきだ。

逆説的な洗脳状態

エホバの証人をやめた元エホバの証人2世にとってエホバの証人だった頃の記憶は苦々しいものである。学校の行事のことごとくを宗教上の理由で忌避し、給食の前の合掌のときには、ただ1人両手の指を組み合わせて密やかにエホバに祈りを捧げていたのである。こんなおぞましい過去を思い出したくもない。さらにエホバの証人だったという過去を周囲に知られるということも避けたい事態である。

私は中学生のときにエホバの証人をやめ、高校は無意識にも自宅からだいぶ離れた学校を選んだ。この高校を選んだのは制服を着なくても良かったり、高等部の上の課程まで自動的に進んでいくのだが、その辺りになると自動車で通学している学生もいたりという自由奔放さに惹かれてのことである。しかし無意識下では、もろにエホバの証人だったことを知っている中学生時代の知り合いがいない、新しい環境に進みたいという思いがあったのかも知れない。いわゆる高校デビューである。

“ものみの塔協会による逆説的洗脳状態” の続きを読む