家族の明日を考える

家族の明日を考える

週末や夕方の駅前で大きなボードを置いて『ものみの塔』や『目ざめよ!』だかの出版物を持って立っているエホバの証人を見るとゾッとする。思わず恥ずかしくなって目を背けてしまう。過去の自分を見ているかのような気がするからだ。

ああやって街頭に立ったり、家から家へと不毛に呼び鈴を押して歩いていたのがもう20年も前のことなのだが、未だにこの傷は癒えない。自分から街頭に立っているエホバの証人に話しかけて「オレ背教者なんだけど、このブログちょっと見て下さい」とやれるくらいに私も図々しいと良いのだがそうもいかない。

ちょっと前に駅前で見たのが『家族の明日を考える』というような立て看板の横で立っている年老いたエホバの証人たちだった。「お前の家族の明日を考えろ」と言ってやりたい所だが目を合わせないようにして立ち去る。どうせ息子娘たちはエホバの証人を止めて疎遠、絶縁状態になっているのだ。孫の顔も見れないのだろう。

“家族の明日を考える” の続きを読む


エホバの証人という架空の癒し

エホバの証人の現実逃避

私が最近自分の息子と接していて感じたことなのだが、人生においてこの瞬間が一期一会なのである。息子がようやく話せるようになりつつある今日は二度と来ない。熱心なエホバの証人だった私の両親には今この瞬間を貴重だと思う感覚が無かった。私が高熱を出しても腕を骨折してもどこか現実味が無かったのである。無論心の底からいたわり心配はしてくれていたのだが、どこかよそ事感があった。

エホバの証人だった私の両親が何事においても臨場感が無かった理由は、ハルマゲドン後の楽園で我々は完全な人間に生まれ変わるという幻想を深く信じていたからである。エホバの証人信者たちが深く洗脳されていくのは不甲斐ない現実と不完全で辛い現在からの逃避を目的としている

今日1日をダラダラと過ごしてしまったのも自分が不完全なせい、楽園で完全な人間に生まれ変わればこんなことがなくなる、大怪我をして体や顔に傷が残っても問題ない、楽園では完全な体に変貌するのでいつかは消える傷である、人間関係に大きな問題が生じかけているけど、相手はこの世の人でハルマゲドンの通過は望めないから問題ない、エホバの証人の会衆内の人間関係にも齟齬が生じているがこれも今積極的に解決せずとも楽園で完全な人間になればいずれ回復するだろう。エホバの証人は目前の問題から逃げてさらなるマインドコントロール状態に陥っていくのである。

“エホバの証人という架空の癒し” の続きを読む


ものみの塔協会による逆説的洗脳状態

エホバの証人という災厄

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。両親ともに非常に熱心なエホバの証人でいわゆる神権家族だった。私は14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。それ以後、私の家族は家庭の崩壊、両親は離婚に至るという取り返しのつかない状態に陥った。

もはや私と両親の家族関係の修復は不可能である。これは私の家庭がエホバの証人だったからという理由以外にはない。エホバの証人の創始者であるラッセルと2代目の会長であるラザフォード、どちらも円満な夫婦関係は築けなかった。エホバの証人は家族や夫婦という最低限の人間関係を充実させる宗教ではなく害をもたらす災厄的存在であると考えるべきだ。

逆説的な洗脳状態

エホバの証人をやめた元エホバの証人2世にとってエホバの証人だった頃の記憶は苦々しいものである。学校の行事のことごとくを宗教上の理由で忌避し、給食の前の合掌のときには、ただ1人両手の指を組み合わせて密やかにエホバに祈りを捧げていたのである。こんなおぞましい過去を思い出したくもない。さらにエホバの証人だったという過去を周囲に知られるということも避けたい事態である。

私は中学生のときにエホバの証人をやめ、高校は無意識にも自宅からだいぶ離れた学校を選んだ。この高校を選んだのは制服を着なくても良かったり、高等部の上の課程まで自動的に進んでいくのだが、その辺りになると自動車で通学している学生もいたりという自由奔放さに惹かれてのことである。しかし無意識下では、もろにエホバの証人だったことを知っている中学生時代の知り合いがいない、新しい環境に進みたいという思いがあったのかも知れない。いわゆる高校デビューである。

“ものみの塔協会による逆説的洗脳状態” の続きを読む


エホバというNGワード

恐怖心を利用したマインドコントロール

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられていた。中学校2年生のときに何とか自分の意志でエホバの証人をやめることが出来た。両親はその時でも熱心なエホバの証人だったが私がエホバの証人をやめた後でも大人になるまでは育ててくれた。しかし私が就職して家を出た後で両親は離婚することになる。当然、エホバの証人のことが関係している。これがもう15年も前の話である。

7~8年前の段階で父親は完全にものみの塔協会の教義の偽りに気付いていた。

「お母さんはまだ宗教やっているのか?」と私に聞く程にまでエホバの証人の洗脳から解放されていた。この頃だと母親は未だにものみの塔協会のマインドコントロールが抜けきっていないようだった。しかしエホバの証人との接触はやめ教理を遵法することも既にやめていた。

この時期に母親から聞いたのはエホバの証人の教理を守っていない自分がいつか突然に雷に打たれて死ぬのではないかという恐怖心である。ハルマゲドンのときに裁きの終わりの日に落雷で罰せられて死ぬということである。不思議なことに私も小さな頃からそんなイメージを持っていた。親子揃ってものみの塔協会に恐怖のイメージで縛り上げられていたのである。

“エホバというNGワード” の続きを読む


エホバの証人2世の悪夢

エホバの証人2世の願い

私は生まれながらのエホバの証人2世だった。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。もう集会に行かないと告げた14歳の夜以来、異常に熱心なエホバの証人だった両親と心を割って話したことはない。そしてこの日から既に23年という月日が経過した。それにも関わらず未だにものみの塔協会に関わる悪夢で目覚めることがある。

今朝もそうだった。設定は毎回微妙に違うのだがだいたいは私がエホバの証人をやめると両親に告げるまさにその瞬間である。エホバの証人をやめたいとは小学校の高学年の頃から考え始めていた。それをやっと実行できたのが中学2年生の秋だった。エホバの証人をやめる、集会にも伝道活動にも二度と行かないと決めてからなかなかそれを両親に言い出せなかった。この頃は本当に辛かった。

嫌々ながら伝道活動で見知らぬ家の呼び鈴を鳴らし、仕方なく王国会館に通い続けた。最悪な日には王国会館で壇上に立って”割り当て”られた朗読と講演の真似事をしなければならなかった。無為に若い限りある時間を浪費しているという実感があった。

しかも私はハルマゲドンが近いうちに必ず勃発するというマインドコントロール化にあったので時間に関しては異常にシビアな感覚を持っていた。私に残された時間は尋常でなく少ないと思っていた。ハルマゲドンが勃発し”この世の事物の体制”と私自身が葬り去られるまでに何とかエホバの証人をやめ、今この瞬間を自分の願いそのままに生きたいと思っていた。自分の願い通りに生きたことなど生まれながらのエホバの証人2世だった私には無かったからである。

“エホバの証人2世の悪夢” の続きを読む


エホバの証人の親子やり直し

ものみの塔協会の1995年の悪ふざけ

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。14歳のときに自分の意志でエホバの証人をやめる。これが1994年のことである。翌1995年にものみの塔協会は自身の預言に大幅な訂正を加える。これまでは明日にでもハルマゲドンが勃発しこの世の事物の体制は崩壊するはずだった。それがハルマゲドンは明日というほど早くは無いよという緩やかな預言に訂正されたのである。

明日にでもこの世が終わるのだからとエホバの証人たちは仕事を捨て高等教育を受けることも諦め、ものみの塔協会の不毛な活動に従事していた。それがそんなすぐにハルマゲドンは来ないぜと言われたのである。冗談も程々にしろと言いたい。

1995年の私はエホバの証人をやめたばかりでサッカーに熱中していた。この頃は未だに両親ともにエホバの証人だった。この両親とものみの塔協会に関係することを私はほとんど話さなくなっていた。そのため私はものみの塔協会の悪ふざけのような預言の訂正を知ることが出来なかったのである。

1995年の私は幼い頃からのものみの塔協会による洗脳は解けないままだった。この瞬間にでも天からの落雷で命を落とすのではないかというハルマゲドンへの恐怖心を抱きながらサッカーボールを蹴っていたのである。

“エホバの証人の親子やり直し” の続きを読む


ハルマゲドン延長します

結局は自分で選択できないエホバの証人2

エホバの証人の親は2世信者の子供が自ら選んだ選択肢について無条件で同意することは絶対にない。子供の意思よりもまずはエホバの目からみてかなっているか、正しくはものみの塔協会の教義に沿っているかということを第一優先にする。

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられたため、幼児期から少年期の私の希望が叶うことはほとんどなかった。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめた私にその反動が来る。私はあらゆるものに興味を示し試していくことになる。

主にものみの塔協会の教義で禁止されているようなことである。自分のやりたいことややるべきことを取捨選択することがエホバの証人をやめたばかりの私には出来なかった。今まで何も得られなかった分、全てが必要なことだと思えた。

しかしものみの塔協会の洗脳が解けた訳ではなかったのでハルマゲドンはいつか勃発すると信じ込まされていた。その終わりの日に滅ぼされるので私は寿命を全うすることが出来ない。限られた生の中で全てのことをやってみる必要があった。

酒、タバコ、ギャンブル、セックス、車、あらゆる快楽に手を出した。そういう日常の快楽に忙しくしているために未だエホバの証人組織と微妙な関係を保っていた両親のことを顧みる余裕が私にはなかった。本当に自分の望むことをおろそかにしていたのが私の10代後半から20代の前半のことである。これではエホバの証人2世としてものみの塔協会の支配下にあった幼少期と同じである。

“ハルマゲドン延長します” の続きを読む


1995年のものみの塔協会を知らないエホバの証人2世

ハルマゲドンへのカウントダウンが延長された1995

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。そして14歳になる年にエホバの証人をやめると決断することになる。このエホバの証人をやめた年が1994年で翌1995年にものみの塔協会は自身の教義を大きく変更した。簡単に言うとハルマゲドンまでのカウントダウンが延長されたのである。

神エホバに心から献身し感謝し畏敬の念を抱き全てを無償で捧げているというような純粋なクリスチャンはエホバの証人の中に多くはいない。単純にハルマゲドンへの恐怖とその後の楽園での永遠の命という人参をぶら下げられてあの不毛な勧誘活動に打ち込んでいるのである。

その人参が与えられるのはもうあと何年かのうちだとされてきた。明日にでもその最終戦争が勃発するとエホバの証人信者たちはものみの塔協会によって教えられてきたのである。しかしものみの塔協会が定めた終末の刻限が来てしまいそうになったのが1995年だった。

さすがに終わりの日の教義の信憑性を保つ限界が来たとものみの塔協会のトップである統治体がメンバーの合意の上で決めたのである。そしてハルマゲドンの起こる期限が緩やかに延長された。それでも終わりは近くもうまもなくということにはなっている。

“1995年のものみの塔協会を知らないエホバの証人2世” の続きを読む


不完全な真理は真理ではない

楽園には入りたくないエホバの証人2

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。14歳で自分の意志でエホバの証人をやめる。苦心の末やっとエホバの証人をやめるという決意を両親に告げた。しかし集会のために王国会館へ行く時間になったとき両親に対して

「もう集会に行かない」と言うのがやっとだった。

その日の集会から帰ってきた両親によって私の事情聴取が始まった。いったいどういうつもりでもう集会に行かないというのか?ということである。両親はこれ以前からの私の集会や伝道活動への身の入らなさからある程度はこういった事態を想定していたはずである。

この頃の私は常にエホバの証人をやめるということを考えていて理論武装を固めていた。私の人生の意味はエホバの証人が求めるものとは違う。ハルマゲドンまでの限られた命で構わないから二度と繰り返されることのない現在、今を思い通りに生きたいということを両親に話した。両親と一緒に楽園で永遠の命を享受したいとは思わないとはっきり告げた。

さらにこの頃にはものみの塔協会の教義の矛盾にも私は気付いていた。この晩の事情聴取で背教じみたことも両親に対して口にしていた。批判的に公開講演を聞いたりものみの塔協会の出版物を読んだりすると突っ込み所はどれだけでも出てくる。まさしく完全、完璧な真理では無いということが見えてくる。

“不完全な真理は真理ではない” の続きを読む


エホバの証人2世の晴れやかな夜

集会に行かないと告げた夜

私はほぼ生まれたときからエホバの証人2世として育てられた。14歳で自分の意志でエホバの証人をやめた。エホバの証人をやめるという決意は出来ていたのだがなかなか両親には言い出せなかった。

父親は会衆の長老で母親は正規開拓者で両親ともに熱心なエホバの証人だった。私はエホバの証人をやめるということは両親の愛情を裏切ることであるような気がしてならなかったのである。長い間、悶々としてようやく両親に切り出すことが出来た。

夜の集会に行く時間になり両親から集会に行くよと言われたときに

「集会にはもう行かない」と告げたのである。エホバの証人をやめるとははっきりと言えなかった。集会に行かないと言った時も自分の部屋から出ずにベッドに寝て顔を伏せたままというレベルである。この行為は両親に対しての酷い裏切りであるという意識がこの頃の私にとって強かった。

しかしこの晩の両親が集会に行っている間の気分のなんと晴れやかだったことか。これからは自分の時間を自分の思うように使うことが出来る。禁止されている学校の行事に参加出来ず恥ずかしい思いや嫌な思いをすることもない。女の子と付き合ったり友達の家のクリスマスパーティーに参加したりすることも出来る。

やっと両親にエホバの証人をやめるという話を切り出すことが出来た。これを言い出せずに長い間悩んでいたのでほっとした思いもあった。この後は頑としてエホバの証人としての活動を拒むだけである。

“エホバの証人2世の晴れやかな夜” の続きを読む