エホバの証人2世の不健康な罪悪感

エホバの証人2世の罪悪感

私は幼い頃からエホバの証人2世として育てられた。我が家は両親ともに熱心なエホバの証人であるという神権家族だった。両親の期待に応えようとして立派なエホバの証人になろうと試みたことが私には何度かある。エホバの証人をやめる14歳になるまでの期間のことだ。しかし結局は性に関する問題を解決することが絶対に出来なかった。これでは正当なエホバの証人になることなど不可能である。

ものみの塔協会はマスターベーションや婚前交渉を禁止している。10代の男の子にそんな厳格な教義を守り切れるはずがない。エホバの証人2世の子供は幼い頃から不要な性教育を受けている。ただでさえ性欲が爆発しそうな思春期になるとエホバの証人2世の場合は生半可な知識ばかりが先立ち自身の性欲を抑えきるのは絶対に無理である。私の場合は既に小学校の高学年の頃からマスターベーションが常習化していた。

マスターベーションをやめられないという罪の意識はそんなに無かった。そもそも罪の1つや2つを犯した所で今さらという感じだった。子供の頃から繰り返し行ってきた神エホバへの反逆の数々が私の過去には積み重なっている。今さら常習的に罪を犯していることを自戒するはずなど無かった。

“エホバの証人2世の不健康な罪悪感” の続きを読む


エホバの証人2世のマスターベーション

エホバの証人2世にとって高い両親の壁

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。両親は異常に熱心なエホバの証人だった。私が大人になったらものみの塔協会に献身するのは当然、開拓奉仕をするのも当然ぐらいに両親は考えていた。あわよくばベテルに入って奉仕するというエホバの証人的なエリートコースを歩ませたいと考えていた。

そんなものはエリートコースでも何でもなく廃人となって野垂れ死にする墓場までの片道切符のようなものである。ただ両親が強くそう願っていたので私もそうしても良いかもという気にはなりつつあった。小学校高学年の男の子にとってどうしても両親という壁は高い。両親の言いなりになるというよりも両親に愛されたいという思いで両親の願い通りの自分になろうとしてしまうのである。

しかし私の”模範的”なエホバの証人になろうとする努力は長くもたなかった。やはりどうしてもエホバの証人には参加を許されない世俗の行事や立ち入ることが許されない場所に関心があった。クリスマスパーティーに参加してみたかったしゲームセンターにも入ってみたかった。それ以上に何よりも性の問題を解決しなければ私は真のエホバの証人にはなれなかった。それは私にとって無理な話だった。

“エホバの証人2世のマスターベーション” の続きを読む


エホバの証人2世の性欲

エホバの証人一家の根底にある嘘

「僕は大人になったらベテルで奉仕したいです」

子供の頃の私は両親の顔色を伺って両親が望むことを言い続けていた。ベテルに入って奉仕すれば両親は喜ぶし両親の愛を得られるのである。そのうちに実際に本当にそうしても言いのかなと思った時期が何度かあった。人生のトータルで1ヶ月から2ヶ月間ほどの日々である。

この期間は本当に真面目に集会で公開講演のノートをとりものみの塔協会の伝道活動に勤しんでいた。こうして真面目にやっていれば親子3人でハルマゲドンを通過し楽園に入ることが出来ると心の底から思っていた。これもマインドコントロールの成果である。

ものみの塔協会の活動に全身全霊を費やすことに本人たちは喜びを感じている。家族揃っての丸々の洗脳状態は彼らにとって幸福な状態なのだから周囲は放って置けばいいという意見もある。本人たちの自由だという意見だ。しかしこれは誤っている。

何故ならエホバの証人一家の根底にあるものが虚構だからである。ハルマゲドンを通過し楽園で永遠の命というストーリーが完全なる嘘だからだ。結局エホバの証人一家の未来に幸福が待つことはない。それに周囲の無垢の人々を勧誘しさらなる犠牲者を増殖させることは本人たちの自由という言葉で許されることではない

“エホバの証人2世の性欲” の続きを読む


エホバの証人ロボットのセックス問題

エホバの証人2世ロボットの裏表

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。私が子供の頃に家族ぐるみで付き合っていた阿部家という家があった。阿部家は両親揃ってエホバの証人という親権家族だった。阿部家も我が家と同じ家族構成で一人息子の阿部君は私と同じくらいの年齢だった。

阿部君は完璧なエホバの証人2世だった。騙されやすく染まりやすい、そして周囲に好かれるためにはどうすれば良いのか、それだけを考えている子供である。完全にものみの塔協会の洗脳下にあった。しかしエホバの証人2世には必ず裏表の顔がある。両親の前と学校での顔、会衆での年上の信者の前での顔と同年代のエホバの証人2世の間での顔、そういった裏表の顔を上手く使い分けているのである。 

私がエホバの証人をやめたいと考え始めていた小学校高学年の頃には阿部君はものみの塔協会に献身してバプテスマを受けたという風の噂を聞いた。阿部君は小さな頃からエホバの証人の会衆内でも”模範的”な2世信者だった。若くして”兄弟”と呼ばれることになった生粋のエホバの証人2世である。

そんな完全なるマインドコントロール状態にあるエホバの証人2世にも裏表があるのだろうか。阿部君に限ってはもしかすると聖者のように純粋にものみの塔協会の道を追い求める求道者だったのかも知れない。そう思えるほど阿部君はロボットのようなエホバの証人2世だった。

“エホバの証人ロボットのセックス問題” の続きを読む


エホバの証人の性教育

あなたは大丈夫でしょ

エホバの証人は伝道活動で一般の人を開拓する。開拓された人はエホバの証人の研究生となり伝道者にカルトへの道を導かれることになる。この研究生とエホバの証人の伝道者が異性だった場合は同性の伝道者へその後の聖書研究が引き継がれることになる。

聖書研究となると家に上がり込んで、長時間2人きりになるのでこれは当然のことである。そもそもエホバの証人の2世ともなると性に対する興味は著しく高く、そして極限まで抑圧されている。エホバの証人の2世は非常に誘惑に弱いのである。ある意味ではこれはエホバの証人組織としての自衛行為であると言うことができる。

ものみの塔協会は貞節についても口うるさく信者を指導している。これも欲望に弱い信者への自衛行為である。異性の車の助手席に乗るな、密室で2人きりになるなと言われるのである。ただほぼそんな心配のない見た目のよろしくない信者や年配の信者までもがそういったことを遵守しようとしているのは何とも滑稽な姿である。

周囲のエホバの証人信者はそんな思わずつっこみたくなる事象に対しても真面目に振舞う。異性の信者を見て心中でもあの人と間違いを起こすなんてありえないと思うことすらないのである。性欲が溜まりまくっているから”あり”なのかどうかは不明だが、結局はそのように貞節を守ろうとする人は立派な信者だと評価するのである。これが何でも物事を一義的にとらえるエホバの証人のつまらなさである。

“エホバの証人の性教育” の続きを読む


エホバの証人の性欲

ものみの塔協会の古臭い性に関する教義

ものみの塔協会は結婚していない異性との接触を不道徳と呼び禁止している。例えば未婚の男女の交際については手を握るくらいまでしか許されていない。その際も完全に結婚を前提としているという前置きが必要である。2人きりで会うにしてもいきなりというのは許されていない。”適切”な回数のグループ交際を経てということになる。

ちょっとしたキスをするなどという行為も未婚の男女である場合はとんでもない不貞とされている。2人きりでラブホテルから出てきたりするのを目撃されればエホバの証人としての未来は真っ暗である。会衆内にふしだらであるという噂が流され、下手をすると組織から追い出され村八分となる排斥処分になる。エホバの証人をやめるにはまたとない機会なのだが、エホバの証人一家の場合は家族から下半身のだらしない奴だとレッテルを貼られ本人は傷つくことになる。この状態から一般人として明るい未来を構築するのはなかなかハードルが高い。

未婚の女性が男性の車に乗るにしても助手席に乗ったりせず、わざわざ後部座席に乗るのである。当然、エホバの証人には不倫などは許されていない。エホバの証人の夫婦にとって離婚が許される唯一の要件が配偶者の不貞だったはずである。

“エホバの証人の性欲” の続きを読む


エホバの証人2世の特効薬

エホバの証人2世として思春期を過ごすことの悪影響

最近、空き家となっていた実家の整理をしている。この実家が空き家となったのは両親が20年をエホバの証人として過ごしたからである。私もほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世だったのだが14歳のときに自分の意思でエホバの証人をやめた。その後でエホバの証人をやめるタイミングがずれたために両親は離婚し私の一家は崩壊したのだった。

実家整理のついでのふとした気まぐれで最後に連行されていた王国会館を見に行ってみたのだが、ここは閉鎖されていた。私は9歳のときに引っ越しているので、この最後の王国会館に通っていたのは長くても9歳から14歳までの5年間である。今の私は37歳でそのうちの5年間である。そんなに長い気もしない。ただ小学校高学年から中学2年生までの時期をエホバの証人2世として過ごさざると得なかったということの意味は大きい。それは私の精神や人間関係に大きな悪影響を与えている。今でもこの影響からは自由に慣れていない。

家族親族を含めて14歳以前の知り合いに会うと必ずエホバの証人2世だったことが頭をよぎる。祝って貰えなかった誕生日、参加が許されなかったクリスマスや節分の行事、ものみの塔協会の教義には細かな禁止事項が多いのである。毎週3回の集会とその予習のために学校の友達と遊ぶ時間は制限されていた。そもそもこの世の人々との交友はあまり認められていなかった。何よりもエホバの証人2世として他人から蔑まれることが苦痛だったのである。変わり者というレッテルを貼られることや他者の哀れむような視線が嫌だったのである。

“エホバの証人2世の特効薬” の続きを読む


田舎のエホバの証人2世のセックス問題

不毛な田舎を目指すエホバの証人

両親は熱心なエホバの証人で私は生まれながらにしてエホバの証人2世だった。私が小学校4年生になるときに一家で田舎に引っ越すことになった。引越し先は両親双方の実家の真ん中くらいではあったのだが、田舎の方がエホバの証人として必要とされているという理由もあった。実際に引っ越してからは必要の大きな所という理由で住んでいた所からさらに奥地の大田舎へわざわざ伝道奉仕に行っていたものである。甚だしいお節介なのだが、本人たちは至って真剣だ。

自身がものみの塔協会や地域の未だ真理を聞かぬ人々から必要とされているということが自尊心をくすぐるのだ。これは1980年代から1990年代前半の頃の話である。必要の大きな所と称してエホバの証人の若者たちが文字通りに仕事も人生も投げ打って片田舎へ伝道のために引っ越していた。不毛である。まさに人生の浪費だった。

私の父親にしても大学を卒業して新卒で就職した仕事をわざわざやめて田舎に引っ込んだのである。30代にして自らのキャリアを捨ててエホバの証人の活動に従事しようとしたのである。カルトの洗脳がいかに危険かということが分かって頂けるだろう。もう他の何も見えないし聞こえないという状態なのである。

“田舎のエホバの証人2世のセックス問題” の続きを読む


エホバの証人2世が特権より欲しかったもの

エホバの証人2世にとっていらない特権

エホバの証人用語で特権というものがある。これは簡単に言うとエホバの証人組織内で出世するということである。日曜日の集会で公開講演を行うことになる、何千人も集まる巡回大会で講演をすることになった、会衆内の長老に任命された、エホバの証人的にはこれら全てが特権を得るということになる。組織内でエホバの証人的な立ち回りを上手く続けていると特権を増していくことになる。私は物心ついた頃からエホバの証人2世として育てられていたのだが、そういう組織内で出世していくようなタイプの信者にはなれそうも無かった。

私は幼い頃からものみの塔協会が禁じている暴力や心霊現象を扱うテレビ番組を両親に隠れて見ていた。このテレビ番組の禁止レベルが非常に厳格で私の子供の頃だとキン肉マンやゲゲゲの鬼太郎クラスでNGだった。隠れてテレビを見ていて親に見つかりそうになったり、テレビを見ることの出来る決められた時間を超えたりするのに伴って両親に対して常習的に嘘をついたりすることになった。

またテレビゲームだとかプラモデルといったこの世のものが与えられることがほとんどなかった。エホバの証人にとってふさわしくないというのがその理由である。自らそういったものを手に入れるために万引きをしてみたり親の財布から金を抜いたりと、普通の子供にとっても悪と思われることをするようになっていた。

“エホバの証人2世が特権より欲しかったもの” の続きを読む


ものみの塔崩し

エホバの証人の教祖ラッセル

ものみの塔協会に自分の時間や財産などをほんの少しでも与えてはいけない。なぜならエホバの証人の教義は全て作り話だからである。開祖となった初代ものみの塔協会会長ラッセルの妄想と空想の産物である。ラッセルは聖書研究者だったがヘブライ語やギリシャ語を読めない米国人だった。神が英語でラッセルに語りかけたと言うのだろうか。

ラッセルは時代ごとに現れる偽予言者の一人に過ぎない。ただの新興宗教の教祖の一人である。エホバの証人もカルト色の強い新興宗教の一つに過ぎない。ものみの塔協会の預言は真理とは程遠いものなのである。

 

もろく崩壊するものみの塔

エホバの証人が捧げた寄付金や労働力はものみの塔協会の上層部の人間もしくは組織そのものを潤すために浪費されている。現在のものみの塔協会は組織そのものの維持運営が目的となっている。彼らの活動で得をする人間は皆無である。本来の目的を見失い組織そのものが自己保身のために誤った方向へ転がり続けている

これは停滞し滅びゆく組織に共通の末期の症状である。外部から誰かが打撃を加えればもろくも崩壊するのだ。私はものみの塔協会の矛盾とからくりを無垢なエホバの証人たちに気付いて欲しいと思っている。そのためにこうやって思い出したくもないエホバの証人のことを書いているのだ。

“ものみの塔崩し” の続きを読む