『カルト宗教やめました。「エホバの証人2世」の私が信仰を捨てた後の物語』

前作『カルト宗教信じてました。』に続く『カルト宗教やめました。』

こちらも電子書籍版でも発売されているので、実際の本で読みにくい現役エホバの証人におすすめの一冊です。作者は元2世信者で現在は無事に?離脱、そして親という私と同じ立場で感じ入る点が多数ありました。

見知らぬ家の呼び鈴を鳴らす夢を未だに見る

私もこの夢は未だに見ます。エホバの証人をやめて25年以上経過した今でもです。同じ悩みや問題を抱えている他人がどう生きているのか?を知ることは自身の傷を癒すことになります。是非この本を読んでカルト宗教やめましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルト宗教やめました。【電子書籍】[ たもさん ]
価格:1100円 (2021/3/25時点)

楽天で購入

 

以下、深く同意したシーン

作者の母親がヘビ嫌い

“『カルト宗教やめました。「エホバの証人2世」の私が信仰を捨てた後の物語』” の続きを読む


『カルト宗教信じてました。』

エホバの証人2世の実体験のコミック

エホバの証人2世の実体験をコミック化した本です。洗脳が解ける瞬間が鮮やかに描かれています。この本の作者はネットの情報や組織外の書籍を見て、エホバの証人の洗脳が解けています。ものみの塔協会が外部の情報に触れさせないようにしているのは、この解脱が怖いからです。

 

この本の作者は元々、エホバの証人組織の教義に懐疑的でした。信者の頃から自信の子供の輸血を承諾していたり、エホバの証人組織が強要する子供への体罰も行っていません。エホバの証人と言えば輸血は絶対禁止、子どもへの体罰(虐待)推奨の組織です。

この本の作者は、エホバの証人に洗脳されつつも、自分の頭で思考する能力がまだ残っていたのです。それでも、ハルマゲドン、その後の地球のパラダイス化という突拍子もないエホバの証人の教義にはしっかりとマインドコントロールされていました。

どんないい加減な教理でも、子供の頃から繰り返し繰り返し、刷り込まれると脳に染みついてしまうのです。まるでナイフで木に刻まれた文字のように。

“『カルト宗教信じてました。』” の続きを読む


『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』

『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』

 

エホバの証人2世の境遇を描いたコミックです。紙書籍版は中古しか販売されていませんでした。電子書籍版なら端末を覗かれない限り、読んでいるのを知られないので、現役信者の方にもおすすめ。

エホバの証人組織は組織外の本を読んではいけないと言っているが、それは自分たちの主張を守るための情報統制洗脳の手段です。自分から知ろうとしない限り真理はあなたの元にはやってきません。

この本は危険でもないし、本ブログのようにエホバの証人組織に対して攻撃的・真っ向から批判している訳ではありません。コミックなので読みやすく、絵柄もエホバの証人2世信者でも受け入れやすい優しいタッチです。

エホバの証人2世の気持ちを代弁する本

“『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』” の続きを読む


『仁義なきキリスト教史』

キリストの一つの解釈

電子書籍版で読んだ一冊。

 

神ヤハウェからローマ・カトリックに至るまでのキリスト教史を任侠道に当てはめてなぞった本である。ユダヤ教からイエス・キリストを経てキリスト教が世界中に広がる歴史が描かれている。神ヤハウェは大親分、キリストも任侠の人として描かれているのでエホバの証人にとっては衝撃的な内容である。宗教は一つの道であり任侠道も同じく道であるが、劇薬、毒薬の類である。ショック療法として役に立つ

エホバの証人はキリストや神エホバを聖人君子扱いし過ぎている。キリストは世界の歴史に名を残し宗教史を変えた英雄であることは間違いないが、それだけの存在である。所詮はただの人、ナポレオンやアレクサンダーと同じかそれ以下だと思っていい。

イエスが自らをキリストと考えていたかどうかは、どの写本を重視するか、という問題にも繋がってくる

これは書中で繰り返し書かれていることだが、この本でのキリストの解釈の仕方は

あくまで数多ある解釈の一つに過ぎない

と作者自らが述べている。

“『仁義なきキリスト教史』” の続きを読む


キリストとのバランス感

聖書の復習にぴったりの本

電子書籍で読んだ『図解 聖書』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

図解 聖書【電子書籍】[ 大島力 ]
価格:1080円 (2017/10/22時点)

 

元エホバの証人で組織をやめて何年も経ち聖書のことはすっかり忘れてしまっている私のような人におすすめの本である。ものみの塔協会による洗脳から逃れてキリスト教や聖書を毛嫌いしてしまう気持ちもやっと一服という人におすすめの本である。

聖書の構成通りに漏れなく説明されているので聖書の復習にぴったりだった。聖書の全書を網羅しているのである程度は簡易的にならざるを得ない。もっと詳細をという人はその都度欄外に関連する書籍が紹介されているのでそちらを参考にしたい。

やはり聖書は世界中で一番売れたというか読まれたベストセラーであることに間違いはない。美術館や史跡を旅行で訪れても聖書を題材にした作品や聖書の舞台となった場所であることがある。元エホバの証人というだけでそういった場所に嫌気がさすというのはもったいない。そこまでものみの塔協会の被害を受けることもない。この本でも聖書に関連する場所や美術作品がコラム形式で紹介されている。

“キリストとのバランス感” の続きを読む


王国会館に病気の人が多い理由

王国会館という病人の巣窟

私は物心がつく頃から14歳になるまでエホバの証人2世として育てられた。両親ともに熱心なエホバの証人という神権家族で成長したのである。両親にものみの塔協会の伝道活動にほぼ毎日連れて行かれていた。そして週に3回もあるエホバの証人の集会にも必ず出席させられていた。

病気で学校を休んだ日でも夜になってちょっとでも回復していようものならばエホバの証人の集会には連行された。ものみの塔協会による深い洗脳状態にあった両親にしてみればエホバの証人のことが何よりも最優先事項だったのである。周りが見えなくなるのがカルトの特徴である。この三度の飯や親族や仕事やときには家族よりも大事なエホバの証人の集会は王国会館という場所で開かれる。

エホバの証人の王国会館に集まってきている信者には病気の人が多かった。頭や精神的な病気のことではなく具体的な体の病気である。子供の私には気付けなかったが精神的な病を抱えていた人も多くいたはずである。子供が重度のアトピーだったり四肢に不具合があったりと様々な病気や体の異常を抱えたエホバの証人の信者がいた。

彼らはハルマゲドン後の楽園で完全な体に生まれ変わることが出来るという幻想に救いを求めている。パラダイスで完全な体になり永遠の命を享受するという妄想である。救われない人々である。

“王国会館に病気の人が多い理由” の続きを読む


限りあるゆえに輝く人間の生

限りあるゆえに輝く人間の生

私はエホバの証人組織を出て長く年月が過ぎ、細かいものみの塔協会の教義は忘れてしまった。組織を去って既に20年経っている。1914年の教義が嘘偽りで開祖ラッセルの思いつきであるということを細かく理論立てて説明することは出来ない。

こんな私にただ1つだけ言えるのは、人間の生涯は限りあるから美しく価値があるのだということである。我々の儚い一生は永遠の命よりもずっと素晴らしいものなのだ。その限りある時間を無駄にすべきではない。

あなたがエホバの証人をやめたいと考えていて組織に残る家族との関係が気がかりならば、愛する家族に対して人生の貴重な残りの時間をともに歩んでいきたいと伝えれば良い。

あなたの洗脳が未だ解けておらずハルマゲドンが恐ろしいとしても、家族に伝えるべきことを伝え生涯で成すべきことを成せばそれで良い。それならば例えハルマゲドンで死んでも後悔は残らない。そもそもハルマゲドンで我々人類が突然死することはないのでその心配はない。

“限りあるゆえに輝く人間の生” の続きを読む