児童虐待が隠蔽されている王国会館を通報せよ

陰湿なエホバの証人の体罰

警察庁の犯罪統計によると児童相談所に通告した子供の数が2019年が過去最多になったとのこと。児童相談所に通告した18歳未満の子供の数はは10万人弱、そのうち身体的虐待が2万人ほどだと言う。周囲にエホバの証人2世の子供がいる人は積極的に子供に通告させる、自ら通告するという行動を取れる時代になったのである。エホバの証人の体罰は子供のお尻をベルトや素手で叩く方式なので身体に証拠は残らない。しかしエホバの証人2世の子供たちの心に大きな傷が必ず残る。周りの正常な大人たちにはそれを救う義務がある。

エホバの証人の集会が開かれる王国会館には“こらしめ”用の部屋がある。こらしめというのは完全なる体罰、児童虐待のことである。下らない自己満足の講演がされている間に子供たちは当然大人しくしていることは出来ない。それをこらしめという体罰で抑えつけて子供の心ごとのっぺりと平らにして洗脳していくのである。静かに2時間座っていられる子供が模範的な良い子供、神エホバや両親からも愛されるのだと体罰の恐怖で思い込ませるのである。

こらしめ用の部屋は密室になっていて外に音が漏れない。私がしこたまお尻を叩かれていた30年以上前でもエホバの証人組織側は虐待を”疑われる”可能性があるので、外に子供の泣き声を漏らさないように密室でこらしめを行えと信者に通告していた。エホバの証人の世界では組織的に伝統的に子供への虐待が行われているのである。こらしめ用の部屋には掃除機があって掃除機のホースで子供の私は思いっきり引っぱたかれていた。30年以上前の光景がまざまざと目に浮かぶ。

愛のムチとは?王国会館を通報せよ

普通の子供は両親と外で遊んでいるような日曜日の午前中に、私は王国会館の中の薄暗い密室で親に尻を何度も叩かれるのだ。両親は組織の洗脳下にあるので自信と確信を持って愛する子供のためだと思って、手加減なく思いっきり子供のお尻を叩き続ける。間違った愛のムチである。

「もうしません。ごめんなさい。」と何度も唱えないと許してもらえない。それどころか裁判官さながらに親が事前に判決した回数分はきっちりと尻を叩かれなければ許されることはないのである。

エホバの証人組織が発行する出版物に体罰を推奨するような記事があれば確たる児童虐待の証拠となる。組織をやめたエホバの証人2世が親でなくエホバの証人組織を訴えたりということは出来ないのだろうか?

または王国会館を適当に通報して現場を押さえてもらう。潜入して証拠をつかむ。しかしそういったことには既に対策は打たれているだろう。洗脳の弱い信者や外部者には子供の体罰が目に触れないようになっているであろうことは容易に想像できる。自分で潜入捜査すれば良いのだろうけれど、王国会館のパステルカラーを見るだけで私は嫌な気持になり吐き気がするし、あの建物の中に二度と入る気がしないのである。

この自動虐待組織が崩壊して、一等地に建っている王国会館跡地が傷ついた子供たちのために有効に使われることを私は強く望む。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。