生まれて最初の記憶

最初で最後のバースデー

私が生まれたのは1980年である。両親の長男として普通の家庭で育てられるはずだった。しかし両親がものみの塔協会という新興宗教に献身(完全に入信してしまうようなもの)してしまうという不運に見舞われ過酷な前半生を送ることになった。

私は生まれながらにしてエホバの証人(ものみの塔協会の信者のこと)の2世(親がエホバの証人である子供)として育てられたと思い込んでいた。しかし最近発見した私が生まれた年のアルバムにはケーキにロウソクを立てて私の1歳の誕生日を祝っている家族の姿が写っていた。

ものみの塔協会は誕生日を祝うことを禁止しているので、私が1歳のときには両親はまだエホバの証人では無かったことになる。この前後の私が物心つく前に不幸の伝道者が我が家を訪れ両親をものみの塔協会に入信させてしまったのである。

この頃住んでいたのは名古屋市に近い街で都会の田舎という雰囲気のある場所だった。名古屋の市街地までは車ですぐだが自宅の周辺には大きな川があり田畑があり公園もある。コンビニやスーパーマーケットも家からすぐの場所にあるという住みやすい郊外都市だった。

私の最初の記憶

まずは私の母親がエホバの証人の王国会館に通い出すことになった。私も母親に連行されて王国会館に通い出す。しかし幼い私は王国会館で開かれている集会(エホバの証人の宗教談義のこと)の間、大人しく座っていることが出来なかった。とある薄曇りの日曜日の午後、集会中の私の騒がしい態度に母親は怒りを爆発させた。

エホバの証人の子供たちは決定的に洗脳されているので2時間もの王国会館での集会の間、大人しく座っていることが出来るのだ。そんなロボットみたいなエホバの証人2世と元気な自分の子供を比べちゃダメだから。感情的に怒る母親をなだめるために私が言った運命の一言が

「お父さんも一緒に来てくれたら、僕は大人しくしていられるかも」

この一連のやり取りが、私が生まれてからの最初の記憶になっている。これをきっかけに父親も王国会館へ通いだすことになる。そもそも宗教施設に行ったばかりに精神的に不安定になり子供に怒鳴り散らすというこの始まりがエホバの証人一家の行く末を暗示していたのである。

その後、両親2人ともにものみの塔協会に献身することになる。そして両親は熱心なエホバの証人となっていく。父親は会衆の長老という責任者になり母親は正規開拓奉仕者となった。母親は年に1000時間もものみの塔協会の野外伝道奉仕活動に時間を費やすようになる。小学校に入る前の私は母親の伝道奉仕活動に連れ回されることになった。雨の日も風の日も極寒酷暑の中を家から家へと連れ回されるのである。

はっきり言ってこれは嫌で仕方が無かった。そもそも王国会館に集会のために通うのも苦痛だった。しかしこれを言ってしまうとエホバの証人2世の子供にはこらしめと呼ばれる体罰が待っている。子供の私は大人しくものみの塔協会の活動に従事するしかなかった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。