家族の明日を考える

家族の明日を考える

週末や夕方の駅前で大きなボードを置いて『ものみの塔』や『目ざめよ!』だかの出版物を持って立っているエホバの証人を見るとゾッとする。思わず恥ずかしくなって目を背けてしまう。過去の自分を見ているかのような気がするからだ。

ああやって街頭に立ったり、家から家へと不毛に呼び鈴を押して歩いていたのがもう20年も前のことなのだが、未だにこの傷は癒えない。自分から街頭に立っているエホバの証人に話しかけて「オレ背教者なんだけど、このブログちょっと見て下さい」とやれるくらいに私も図々しいと良いのだがそうもいかない。

ちょっと前に駅前で見たのが『家族の明日を考える』というような立て看板の横で立っている年老いたエホバの証人たちだった。「お前の家族の明日を考えろ」と言ってやりたい所だが目を合わせないようにして立ち去る。どうせ息子娘たちはエホバの証人を止めて疎遠、絶縁状態になっているのだ。孫の顔も見れないのだろう。

年老いたエホバの証人の家族

エホバの証人たちが家にやって来ることが最近は無くなって、専ら駅前で見るのだがものみの塔協会全体が高齢化して屋外を歩き回るのが辛くなったのだろうか。駅前に立って伝道しているのは大概はもはや老人のエホバの証人はかりだ。

若い人が混じっていると人生の浪費をしていると凄く可哀そうになる。でも老人でも同じことだ。残り僅かな人生の時間を大切にして欲しい。自分の頭でよく考えて本当に大事なのものは何なのか、それは自分の家族の明日ではないのか。よく考えて欲しい。

逆に年老いていても人生の残りの時間は短くないのかも知れない。最近は長生きするリスクの方が高い時代である。そしてハルマゲドンは絶対に来ない。早々にエホバの証人を止めて息子娘家族との関係の再構築を始めないと暗い老後生活を送ることになる。人生はいつでもやり直せる。必要なのはエホバの証人を止めるという勇気だけだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。