エホバというNGワード

恐怖心を利用したマインドコントロール

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられていた。中学校2年生のときに何とか自分の意志でエホバの証人をやめることが出来た。両親はその時でも熱心なエホバの証人だったが私がエホバの証人をやめた後でも大人になるまでは育ててくれた。しかし私が就職して家を出た後で両親は離婚することになる。当然、エホバの証人のことが関係している。これがもう15年も前の話である。

7~8年前の段階で父親は完全にものみの塔協会の教義の偽りに気付いていた。

「お母さんはまだ宗教やっているのか?」と私に聞く程にまでエホバの証人の洗脳から解放されていた。この頃だと母親は未だにものみの塔協会のマインドコントロールが抜けきっていないようだった。しかしエホバの証人との接触はやめ教理を遵法することも既にやめていた。

この時期に母親から聞いたのはエホバの証人の教理を守っていない自分がいつか突然に雷に打たれて死ぬのではないかという恐怖心である。ハルマゲドンのときに裁きの終わりの日に落雷で罰せられて死ぬということである。不思議なことに私も小さな頃からそんなイメージを持っていた。親子揃ってものみの塔協会に恐怖のイメージで縛り上げられていたのである。





思い出したくないエホバというキーワード

最近、その母親と話したのが私の子供時代のことである。普通の環境で育てていたら良かったという言葉を漏らしていた。もう既に母親もエホバの証人の洗脳からは脱出していると考えても良いのかも知れない。

父親にしろ、母親にしろ、私とエホバの証人のことについて深く話すことがない。お互いに避けているような感じである。ただ何とか両親ともエホバの証人の洗脳からは自由になったようだ。エホバの証人の教義の矛盾に気付き自分がエホバの証人をやめても、父親は母親を自分と同じようにエホバの証人をやめさせようとは積極的にはしなかった。

自分がエホバの証人のことを思い出すのが嫌なのである。同じ道に引き込んでしまった羊のような人々への罪悪感がある。無為無策に過ごした信者期間のことは悔やんでも悔やみきれない。取返しのつかない時間を失いと大きな経済的損失が生まれている。エホバの証人のことやエホバというキーワードに触れたくないのである。言いたくもない、聞きたくもないのである。

また既存の信者に対しいくらものみの塔協会の矛盾をまくし立てても、それが信者を意固地にし、思考することを止めさせ外界から閉じこもる殻にますます入ってしまうことになる。既存の信者については自分の頭で考え自分でエホバの証人をやめるという決断をさせるしかない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。