決して許されないエホバの証人

エホバの証人2世の処世術

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられ、14歳のときに自分の意志でエホバの証人をやめた。そして高校へ入学する。この学校を卒業したあと偶然同じクラスにいたエホバの証人2世と同じ会社に新卒で入社することになった。

高校とその上級課程の計5年のあいだ同じクラスで、なおかつ同じ会社に新入社員として入社したのである。その同期のエホバの証人2世は3年ほどで会社を辞めて行ってしまったのだが、彼の退社の折りに2人で飲みに行った。しかし結局エホバの証人のことは、そのときもそれ以降もそれ以前も話さず仕舞いだった。

そしてこの時から10年以上ものあいだ現在に至るまで音信不通である。エホバの証人であるというカミングアウトやその後の深い付き合い、そういった密接な人間関係がエホバの証人2世は何より苦手なのである。知っているけど知らないふりをしたり見ているけど気付いていないふりをしたり、逆にうわべだけで上手く取り繕う人間関係が得意なのである。





人畜無害なエホバの証人2

結局、最後まで彼が現役のエホバの証人だったのか元エホバの証人だったのかも分からないままだった。エホバの証人でないような顔をして実社会に紛れ込んでいるエホバの証人2世は多く存在するのである。彼らは周囲にほとんど何の害も及ぼさない。

年賀状やお中元が来なかったり冠婚葬祭の折にちょっとした不都合があったりという程度である。こういった古い慣習を行う是非は、最近では世間でも個人的な感覚が優先されるようになった。一般的な若い世代の間にはエホバの証人は違和感なく溶け込むのである。

外国籍の生徒が多い学校では宗教に関しても寛容である。公共の施設にはイスラム教徒のための礼拝室が設置されている場所も増えてきている。エホバの証人に対しても寛容さが示される社会になっている。

だからエホバの証人の存在は許されるのだろうか?答えは否である。エホバの証人たち一人一人の存在を個人として許すか許さないかでなく、エホバの証人という宗教そのものとものみの塔協会の存在を許してはいけない。根幹が腐っている偽宗教だからである。欺瞞的な体質で無垢な信者を欺き貴重な財産を搾取する組織だからである。

時代がどれだけ変わろうとエホバの証人2世が子供時代に受ける傷の深さは変わらない。学校側がいかに寛大であろうと他者と自分は決定的に違い、それを誇りや個性でなく恥だと思った瞬間にエホバの証人2世であるという事実は深い傷になる。永遠につきまとう過剰な自意識が養われてしまう。

こらしめという体罰で受ける傷もエホバの証人2世の子供には重すぎる。時代がどれだけエホバの証人に寛容になろうとエホバの証人親子にとって良好な関係は望めない。人生はいつでもやり直せる。エホバの証人をやめるという道を現役の信者たちは今すぐにでも模索し始めるべきである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。