遅効性のエホバという毒

消滅するエホバの証人の人間関係

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。両親はともに熱心なエホバの証人で9歳のときに田舎に家族で引っ越すことになる。私は田舎の中学校に通うことになったのだが同学年にエホバの証人2世が私を含めて3人いた。我々エホバの証人2世3人はものみの塔協会が禁止している学校の行事などには参加しないというスタンスで足並みを揃えていた。

しかし私は中学2年生のときに自分の意志でエホバの証人をやめる。私がエホバの証人をやめたことで他のエホバの証人2世の2人との交流は無くなった。もともとお互いにエホバの証人2世だったという理由でつながっていただけの関係である。誰かがエホバの証人組織をやめればその関係は消滅するのである。

エホバの証人をやめることでエホバの証人組織の人間関係はほぼ全て失われる。むしろエホバの証人をやめる側の当時の私からすれば、気味の悪い新興宗教団体に属している人間との接触は避けたいのである。またエホバの証人組織の人間に関わると自分のエホバの証人2世として育てられたという暗い過去を思い出すことになる。





ものみの塔協会の洗脳からの脱出の手引き

その暗い過去は隠したい事実で触れられたくない事項である。この頃の私は自分の過去を知るエホバの証人組織の人間とは一切顔を合わせたくないという思いだった。今でもそれはそんなに変わっておらず自分の過去については何となく整理し始められているかも知れないという状態である。積極的に昔関係していた会衆のエホバの証人たちを訪ねて行こうという気分にはなれない。

しかし偶然にでも会うことがあれば全力をあげてカルトからの脱出の手引きをしたいと思うのだが、その全力投球は深いマインドコントロール状態にある人間にとっては逆効果である。辛抱強く緩やかに洗脳を解く手引きをしていかなければならない。しかし残念ながら昔関わったエホバの証人たちに私はそこまでの思い入れはない。私が関わっていた田舎のエホバの証人組織に魅力的な人物など皆無だったのである。何とか自力でこのカルトから脱け出すきっかけを掴んでくれたらと思う程度である。

危険なエホバの証人

それほどにエホバの証人やものみの塔協会は危険な存在だ。簡単な生半可な気持ちでエホバの証人に関わると大怪我をする。エホバの証人は本人たちも気付かない間に猛毒を撒き散らしている危険な存在である。その猛毒は即効性がないもののいつの間にか体全体を蝕み致死量に到達する。

エホバという猛毒が体中に巡ると自分で何かを考え決定することが出来なくなる。何らかの権威にすがらなければ全ての意思決定が出来ないのである。それはものみの塔協会という偶像であったり親や配偶者、政府や教師であったりと様々である。

またエホバの証人に関わると精神的に良い影響を及ぼさない。カルトにすがって生きなければならないという人間は体や精神に何らかの不具合を抱えているのだ。そんな連中に中途半端に関わると自身にまで悪影響が及ぶ。家族だったり恋人だったりと余程の理由があり、自分で徹底的に彼らの洗脳を解くという強い意志がない限りはエホバの証人に関わるべきではない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。