エホバの証人とテレビ放送

エホバの証人の組織への忠誠度の測り方

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。私の家庭で一番優先されるのはものみの塔協会の教義だった。家の中でも家庭聖書研究と称してものみの塔協会の出版物を使った洗脳教育が行われていた。出版物の本文を朗読して決まった質問が父親か母親から出される。たった今朗読した狭い範囲の中から答えを探し出して解答する。この反復学習により深いマインドコントロール状態へとエホバの証人は陥っていくのである。

この家庭聖書研究が終わるとようやく家の中で遊ぶことが許される。私は一人っ子だったので両親に遊んでもらうか一人で遊ぶかのどちらかであった。私の家にはテレビゲームは無かった。エホバの証人の家庭によってものみの塔協会の教義に対する厳格さや忠誠度が異なるのでテレビゲームが許されているエホバの証人2世の子供もいた。私にとってそれは羨ましい限りだった。

私の家にはテレビすら置かれない時期もあった。両親はテレビから流れる情報は全て悪魔サタンが流している有害な情報だと信じていたからだ。それほどに両親は深い洗脳状態にある熱心なエホバの証人だった。とはいえテレビが置いてあった時期もあった。

しかし1日に見ることの出来る時間は30分とか1時間とガチガチに決められてはいた。しかもNHKだけしか映らないように設定されていることもあった。また見たい番組は事前に両親の承認を得なければならなかった。許しが出た番組でも一緒に見ていて途中でエホバの証人にとってふさわしくない”シーンがあるとテレビを消されるのだった。





浅はかなエホバの証人

このテレビについて不思議な点がある。全てのメディアはサタンの支配下にあるというのがものみの塔協会の言い分である。しかしNHKなら見てもOKだと多くのエホバの証人の家庭で決められていたのが疑問なのである。

確かにNHKならばエホバの証人にとって”ふさわしくない”とされる露骨な性描写や過激な暴力表現、バカ騒ぎが少ないとは言える。とは言っても公共放送なのである。1日の番組の終わりに君が代が流れるしある程度は政府筋の意図が込められている。

ここまで深読み出来ないのがエホバの証人なのである。表面的なものだけを見て周りのエホバの証人に同調するのである。物事の裏に隠されたことを推論するようになればエホバの証人のふざけた教義の欺瞞にも気付くことが出来るようになる。

またテレビで映画を見ていて登場人物がキスしだしたり服を脱ぎ始めたりすると両親によってチャンネルが替えられた。そもそもそのジャッジを下すのが親であるというのが謎である。服を脱いで性行為に至る所までくれば理解も示せるのだが、エホバの証人の家庭によって見ても良い番組の基準に揺らぎがあった。これが全て親のジャッジメントなのである。神により審判員として是認されているとでも思い込んでいたのだろうか。何たる傲慢だろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。