エホバの証人の親の限界

エホバの証2世の夢

私は物心ついた頃には既にエホバの証人2世として育てられていた。14歳のときにサッカーをしたいという自分の気持ちを神エホバや両親の願いより優先してエホバの証人をやめた。しかしそのサッカー熱も数年で冷めてしまった。

サッカーをしなくなった私はエホバの証人が禁止されているものに手を出し始める。エホバの証人にとって許されないジャンルのテレビドラマや映画、小説なども一通り目を通した。テレビゲームもロールプレイングから格闘ゲームまで一通りやることになった。このゲームにはだいぶ貴重な時間を取られてしまった。

10代後半の私が将来の目標として描いていたのがテレビドラマや映画などの製作に関わる仕事である。ストーリーに直接関わるような脚本家になりたいと思っていた。心を揺さぶる感動を同時に多人数の人に電波やスクリーンを通して発信することが出来る。その感動には自分の主張を込めることが出来るのだ。

そんな私の夢の話を父親にしたことがある。父親は

「そんな者になりたい人間はごまんといる(から無理だ)」と否定してきた。





エホバの証人の親の限界

私が主張することはやがてものみの塔協会の否定に至る。それはエホバの証人だった父親にとって望むところではなかった。”この世”のメディアを発信源とする職業を目指すということはエホバの証人であった父親にとって絶対に容認することは出来なかった。

何とも悲しい親の発言である。この父親の発言に私は大いに動揺した。こういう時に両親は子供の考えを否定せずに無条件で応援するべきなのだ。それが極めて困難であると思われる場合でも倫理的に大いに間違っているとすら判断される場合でも頭から否定してはいけない

子供の話を聞き自ら考えさせ自分で選んだことをやり遂げられるように見守るべきなのである。どんな遠大なことでも諦めない限りは失敗には至らないということを教えるべきなのだ。

私の父親はエホバの証人であったがゆえにこれが出来なかった。ものみの塔協会の教義を第一優先にする立場をこの段階では変えることが出来なかった。エホバの証人の親の限界点である。何とも悲しいことだ。

エホバの証人2世として育てられた私は幼児期から自分の本当の願いが叶ったことがない。私の本当の願いとはエホバの証人をやめたいということである。エホバの証人をやめてこの願いを叶えた後でも、私は自分の夢を親に否定されることになった。この悲しみを20年経った今でも私は忘れることは出来ない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。