エホバという不幸なキーワード

エホバの証人というキーワード

私は幼い頃からエホバの証人2世として育てられ14歳でエホバの証人世界から完全に足を洗った気になった。私が20歳を過ぎてから両親が信条の違いを原因として離婚し私の家族は完全に崩壊してしまった。14歳以降、現在に至るまで私はエホバの証人という単語に対して冷静になることが出来ない

エホバの証人をやめたばかりの頃はエホバの証人の誰にも会いたくなかった。また私がエホバの証人2世だった過去を知る人全てにも会いたくなかった。これには信条の違いから家庭内別居状態にあった両親も含んでいる。これが私の家族を失った要因の1つだった。しかしこの頃の私にはどうすることも出来なかった。家族を踏み台にしてでも私はものみの塔協会から自由になりたかったのである。

エホバの証人というキーワードに対しては今でも冷静に対峙することは出来ていない。車をUターンさせるために入った小道に王国会館があるだけで暗い嫌な気分になる。この時に私はうっかりため息をついたか舌打ちだかをしてしまった。車に同乗していた妻がどうかしたのかと尋ねる。私はこの状況を上手く説明することが出来なかった。あまりにも突然に幸せな日常に不吉なものが割り込んできたからである。王国会館というあの薄黄緑色のパステルカラーの建物は私にとっては不幸の象徴である。





私がエホバの証人2世だった過去を知っている妻に対してもこんな状態なのである。今でも私はエホバの証人2世として成長したことを認めたくないのである。忘れ去って消し去ってしまいたいことなのだがこうして文章に書くことでまた掘り返すことになった。やはりエホバは自分のルーツの1つなのである。1つというか不運なことにとても重要なファクターである。これを何とか解決しないといけないのである。強制されたとはいえ0歳から14歳まで生活の全てがエホバだったのである。当然のことだ。

エホバの証人をやめるという宣言

私がエホバの証人をやめると宣言して一切のものみの塔協会の活動から足を洗ったのが1994年の秋のことである。子供は親を喜ばせたいと願う。両親は子供の全てである。ただその両親が強制するものと自分が相容れない状況になったときには親を捨てるしかない

自分自身の願いのために引き裂かれるような思いで私はもう集会に行かないと両親に告げた。このとき私は14歳だった。結局、両親に面と向かってエホバの証人をやめると言うことは出来なかった。集会へ行くよと両親に声を掛けられたときに部屋から出ずベッドに顔を伏せた状態で

「もう行かないから」と言うのがやっとだったように記憶している。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。