多くのエホバの証人2世へ

エホバの証人2世の人たちへ

私はエホバの証人2世としてほぼ生まれながらにして育てられた。14歳のときに自分の意志でエホバの証人をやめた。両親は熱心なエホバの証人だったので初めてもう集会には行かないと告げたときのことをよく覚えている。心を引き裂かれる思いだった。両親の期待と愛情を裏切る気持ちだった。

同じようにエホバの証人をやめたいと願っているが行動に移すことが出来ない2世の人が多くいる。その人たちの覚醒に少しでも役立つことが出来ればという思いで私はこのブログを書いている。

エホバの証人2世の人たちへ。あなたが本当にエホバの証人の親から愛されているかどうかはあなたがエホバの証人をやめた後で明らかになる。エホバの証人信者たちはよく”親ゆえ”に子供たちが信仰を守っていると言う。同じようにあなたの親はあなたがエホバの証人であるがゆえに”愛してくれているのではないだろうか





あなたの親は本当にあなたを愛しているか

あなたの親はエホバの証人をやめたあなたに今まで通りに愛情を注いでくれるだろうか。結果はどちらでも良い。エホバの証人をやめたことが原因で親からの承認が得られなくなればそれで晴れてものみの塔協会からも親からも自由になることが出来る。別に親がいなくとも生きていける。親の洗脳がいつか解けることを祈るしかない。下手に干渉してもあなたのことをサタン扱いして意固地になるだけである。

もしもあなたがエホバの証人をやめた後でもあなたの親の愛情がものみの塔協会が定める最低限の生活の保障に留まらないならあなたの親は素晴らしい親である。ものみの塔協会よりも肉親の子供であるあなたを優先することが出来る正常な感覚の親なのである。あなたも同様に親に対して愛を注ぎ王国会館からの脱出の手助けをするべきである。普通の親子に戻るまたとないチャンスだ。

急ぎ過ぎてはいけないし強硬にことに及んではいけない。ゆっくりとノーマルな親子関係へと歩んでいけばいい。その過程であなたの親はマインドコントロールからの解放に向かう。エホバの証人組織よりも愛すべき子供であるあなたを優先したという段階で洗脳が解ける兆しがあったのである。

ものみの塔協会よりも我が子を優先してしまったという罪の意識に苛まれている親をいたわろう。愛すべき我が子を優先するのは利己的ではなく当然のことである。家族を平気で引き裂こうとするカルト団体の感覚の方が異常なのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。