エホバの証人2世の危険な遊び

エホバの証人2世の危険な遊び

まだ私の両親がエホバの証人の研究生だった頃の話である。私の父親の聖書研究を担当していたエホバの証人の家庭とは家族ぐるみの付き合いになっていた。その家族は全員がエホバの証人という神権家族だった。ちょうど私と同じくらいの年齢の子供もいて父親が聖書研究をしている間、私はその子供と一緒に待っていたのである。

その子は阿部君という名前で、不確かな記憶ではあるが父親の聖書研究の間、私も阿部君にエホバの証人の教義を教えられていたような気がする。後に私もその阿部君の立場になったことがある。父親が”開拓”した研究生の家族の子供にものみの塔協会の教義を教える聖書研究の真似事をしていたのだ。子供が子供にカルトを仕込む何とも危険な遊びである。

阿部君は驚くほど穏やかで礼儀正しい子供だった。

「僕はエホバの証人2世ですから」という綺麗な言葉使いは同年代の近所の子供からは聞いたことがない代物だった。

「一緒にこの本を読んでお父さんを待っていましょうね」などと大人のような話し方をするのである。小学校に入る前の通常は泥だらけになって走り回っているような子供がこんな感じなのである。おそらく2人で読んでいた本はものみの塔協会が子供向けに発行していた黄色い本である。ものみの塔協会の新世界訳聖書の内容を子供向けに絵本感覚にしたものだ。

エホバの証人のロボット工場

「さあ、このお菓子を一緒に食べましょう」

出されたおやつを勧める阿部君の話し方に私はちょっとゾッとしたのを覚えている。何となく子供ながらに鳥肌が立ったのだ。こいつはヤバイ奴だと今なら分かるのだが子供の私にそんな判断能力も選択肢も無かった

阿部君は大人しくまるでロボットだった。私の両親はそんな阿部君に驚き、おっちょこちょいで落ち着きがなく怪我だらけの私を阿部君のようにしたいと思ったのだろう。阿部君のようにとまではいかずとも少しは見習って欲しいという思いでこのカルトにのめり込んでいった。しかしこれはエホバの証人の罠だった。私の両親はものみの塔協会の思う壺だったのである。

ものみの塔協会とエホバの証人にとって、その教えに少しだけ染まるとかちょっとだけ見習うといった概念は存在しない。0か100かである。やるなら完全に洗脳されものみの塔協会の言いなりにならなければ永遠の命を得られない。来たるハルマゲドンで滅ぼされるぞと脅されるのである。

活発で傷だらけだった私がちょっとだけ阿部君のように落ち着いた性格になればという生易しい教育をエホバの証人は許しはしない。徹底的にこらしめという体罰とハルマゲドンの恐怖、天からのエホバの視線、そういったもので子供を縛り付ける。そして画一的なエホバの証人2世ロボットを作り上げようとするのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。