こらしめ執行人

叩かれる回数の宣告

小学校に入る前の私は母親のものみの塔協会の伝道活動に常に連れ回されていた。週に何度かは聖書研究と称して母親が開拓中の研究生の家へ連れて行かれていた。もはやこうなると子供はものみの塔協会の広告塔である。

小学校に入る前の遊びたい盛りの幼児が聖書研究の間大人しく座って話を聞いているのである。何て素晴らしい宗教なのでしょうと浅はかな研究生に思わせるのである。これが私にとっては非常に苦痛だった。

この聖書研究の間、大人しく座っていないと待っているのは帰宅後のこらしめである。こらしめは単なる体罰でお尻をベルトやプラスチックのよくしなる硬い定規などでしこたま叩かれるのだ。これも1発や2発ではない。泣き出してもうしません”と言い出すほどの回数を刑の執行前に宣告されるのだった。

 

異常なエホバの証人の家庭

ときには夕方を待って帰宅した父親がこらしめの執行人となることもあった。この場合は母親によって重罪と判定されたときである。強烈な暴力が父親の帰宅後に待っているのである。子供の私は家から逃げ出してしまいたい思いに駆られていた。何とかお利口にして母親が父親に言いつけるのを許して貰うとか減刑されることに手を尽くすのだがそんなことは1度たりともなかった。エホバの証人の親はこの愛の鞭に手心を加えることが絶対に子供のためにならないとものみの塔協会によって洗脳されているのである。

子供が罪を悔い改めなければ愛する我が子は来たる終末のハルマゲドンで死ぬことになる。そのために泣き叫び必死に逃げ惑う幼児のお尻を力いっぱい叩くのである。子供の罪と言っても親の言うことを聞かなかった、聖書研究の間大人しくしていなかった、そういったことすら罪になる。ものみの塔協会によって親は子供に対して権威者とされている。その権威に逆らうということはエホバの証人にとっては充分な罪なのである。

恐怖で1日を追われ痛みで1日を終わる幼児と帰宅直後に幼い息子を叩かなければならない父親のいる家庭である。エホバの証人の神権家族がいかに異常なものか狂っているか分かって頂けるだろう。ものみの塔協会とはドメスティックバイオレンスを推奨する危険なカルト集団なのである

 

こらしめの悪影響

愛する子供のためだと信じきって体罰を執行するエホバの証人だがこれは全くの逆効果である。ものみの塔協会への妄信のせいで愛している子供を叩いているのだが、子供はその暴力を決して忘れない。大きくなれば親を捨てるように去っていく。こらしめという体罰は恨みを残すだけである。

またエホバの証人2世は暴力的な傾向を持っている。これは幼い頃から親によって振るわれた暴力が大きく影響している。また親は充分に暴力を振るうのにエホバの証人の子供は暴力的なものを一切禁止されている。キン肉マンクラスのアニメからチャンバラごっこまで全てである。これもエホバの証人2世が暴力的なものを求める傾向に大きく影響している。禁止されたものほど欲するのが人間の性なのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。