エホバの証人2世の勝負癖

勝利して失うモノの大きさ

エホバの証人2世の神戸高専剣道実技拒否事件で最高裁まで争った最後の1人だが、4年後に裁判に勝訴する。そして留年しなかった体で復学する。21歳の高校2年生の誕生である。この鉄面皮のエホバの証人2世は教団内で偶像視され伝説となっている。

ここまでをこの宗教のたかだか竹刀を振るか否かという選択にかける必要は到底ない。16歳から21歳までの人生で最も貴重な時間をこんなことで棒に振ってしまったのである。

頑迷なエホバの証人2世は周囲の頑固なエホバの証人攻撃者に対して不毛な戦いを挑む。その周囲の反対者との争いに当人的には勝利しているつもりである。憲法で認められている信教の自由を盾に自分の要求を通すことで勝ち誇っているのだ。

しかしそれは表面的な問題である。実際にはそんな不毛な勝負に挑んでいる間にかけがえの無い若年期の時間を失うという取り返しのつかない事態に陥るのである。後悔したときには既に時は遅く、もはやエホバの証人組織以外に生きる場所を見つけることはできない。そもそも後悔に至るためには深いマインドコントロールが解けなければならないのだが。

正論が通らない現実

このエホバの証人2世の勝負癖はエホバの証人をやめた人々も留意しなければならない問題である。エホバの証人2世時代には理屈を通して自分の要求を学校の先生に認めさせてきた過去がある。年齢が上の権威者に対して自分の意見(ものみの塔協会の意見というのが正しい)をきっぱりと述べ認めさせるというのは気持ちの良いことである。カルト関係者ということで周囲の同級生から蔑まれ傷んだ自尊心を癒すのには最適である。

これをエホバの証人をやめてからでもやってしまいがちなのである。どんな状況でも自分が正論を言っているのならばその意見が通ると思い込んでいるのである。または頑固に理屈を通そうとするのである。この世はエホバの証人社会ほど単純ではない。正論や理屈だけで回っている訳ではない。これに気を付けないとエホバの証人をやめた後でもエホバの証人2世だった経験のせいで、またしても生きづらさを味わうことになる。

もうエホバもいないしものみの塔協会の言いなりになる必要も無いのである。適当に生きれば良い。他人が間違ったことをしていても自分に不利益でなければ放っておけば良い。それをいちいち目くじら立てて挙げ連ねるという不毛な行動は自分が疲弊するだけだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。