エホバの証人2世の正体

エホバの証人2世の闇

エホバの証人2世は幼い頃から多種多様なジャンルの大人の顔色を伺って成長することになる。古株で歳のいった気難し目な怖い兄弟姉妹は平気で他人の子供を怒鳴りつける。自ら手を下すことはないが両親はそういった年長者の言いなりなのでこらしめを教唆されることになる。要注意で接さなければならない人物なのである。はたまた王国会館に初めて連れてこられたような信者の旦那さんは外部者として気を使って接さなければならない。

子供ながらに複雑な環境で育ったエホバの証人2世は本人の毒気のなさも影響してすぐに会社などの狭い社会環境には馴染んでしまう。出世や金銭報酬にはがめつさを見せず、忍耐強い特徴は根気強く真面目に仕事に取り組むと評価されるポイントにもなる。子供の頃からものみの塔協会の出版物に慣れ親しんでいるため高等教育を受けていなくとも活字には強い

しかしエホバの証人2世は心の内には大きな闇を抱えている。その場にいる自分を心から大事にすることが出来ないのだ。ハルマゲドンがくれば全てが終わるという洗脳のため就職した会社に自分の全てを捧げるというような企業への忠誠心を抱くことは決して無い。フルタイムで働くことをものみの塔協会は推奨していないため、そもそも終身雇用を願うというようなこともない。

 



エホバの証人2世のタイプ

エホバの証人2世にはいずれその場を去るという思いがあり、その日その日を周囲と上手くやっていくというスタイルをとることになる。同僚と飲みに行ったり、仕事のことでやりあったりというようなことは無い。

エホバの証人2世は敵を作らないのだが本当に仲の良い友人が出来ないのだ。ものみの塔協会は”この世”の友人を作るということを勧めていない。友人とするのならまずエホバの証人の世界に引きずり込んでからというスタンスである。まずは証言をせよということである。

エホバの証人2世の中にはこれを間に受けて職場で自身の信仰を証言し始める者がいる。そうなればもう本人は変わり者扱いである。一般社会で宗教の勧誘活動はNGである。それがエホバの証人というカルト系の新興宗教であればなおさらである。結局エホバの証人2世は社会に馴染むことができないのである。

逆にエホバの証人であることをひた隠しにして社会に溶け込もうとする2世もいる。信仰の証言など周囲には一切しないのだ。しかしものみの塔協会の教義を破ったりエホバの証人活動に不活発になったりする訳ではない。この二面性もエホバの証人2世の特徴である。しかしこれをいつまで続けられるだろうか。いつかその二人の自分に疲れ果ててしまうのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。