ものみの塔的処世術

ありがたい真理が書かれた出版物

私はエホバの証人を自分の意思でやめた。それが14歳になる前後のことだった。それまで私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。14歳でエホバの証人をやめるまで生活の規範となっていたのがものみの塔協会の決めたルールである。またものみの塔協会が語ることが真理であると疑いもしなかった。

末端のエホバの証人の中には人間的に未熟で愚かな人が多数いて組織の発信していることを充分に受け止めきれていない人もいるとエホバの証人をやめる直前の私は思っていた。しかし出版物を発行しているような組織内で上位に君臨する人々は紛れもなく優秀であり、それでいて裏表なく人々に分け隔てなく接するような聖人君子であると思っていた。

実際に現在に現れたキリストのように会衆の長老や巡回監督の一部の兄弟のことを思っていたこともある。彼らはとても献身的でものみの塔協会の規範や思想を完全に遵守し自身が神により選ばれ優秀であることにも決して奢らない人々であると信じていた。

これが幼い頃からものみの塔協会のみが真理を語りその出版物は何よりもありがたいものだと洗脳され続けてきた結果である。実際に聖書やものみの塔の雑誌などを粗末に扱うと怒られたものである。





ものみの塔的立ち回り

私の父親も会衆の長老を務めていてそういったエホバの証人の中でも模範的と言える人物の端くれくらいなのだろうと私は思っていた。末端の信者の考え方や能力に関しては疑念を挟まざるを得ないが、組織の真ん中以降上位に行くにつれては疑いの余地が無いと私は信じ込んでいた。

エホバ神は存在し必ずハルマゲドンは起こる。末端の二面性のある貧乏臭い信者たちはどうだか解らないが私の両親くらいにそれなりに裏表なく誠意ある信者たちはその最終戦争を生き残ることが出来ると私は思っていた。これがものみの塔教団による子供の頃からの徹底的なマインドコントロールの成果である。

今となってみると考えてみると組織の中で上位にいる信者たちの立ち居振る舞いはエホバの証人として見事なだけだったのだろう。彼らはエホバの証人的処世術を極めていて、卒なく権力のある兄弟についていき特権を増していく。さらに彼らは陰口を叩くベテラン姉妹を上手く手なずけ足元を救われないようにしているのである。これがものみの塔的立ち回りである。

当然自分がものみの塔協会の教義を破ることはないのだが、その抑圧の発散として組織内での特権を増していくことで自己顕示欲を充足させていたのだ。さらに与えられる特権は神から与えられる素晴らしいものだとも洗脳されてもいるのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。