神の声より子供の声

ドメスティックバイオレンスのエホバの証人

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。小学校に入る前から両親に連れられてものみの塔協会の伝道奉仕活動に従事していた。しかし子供の私はこの伝道奉仕が大嫌いで行きたくなくて仕方がなかったのである。

ただ伝道奉仕が嫌だとかを親に言おうものならとんでもないこらしめが待っていた。こらしめとは単純に体罰のことだ。お尻をベルトやら素手でこっぴどく叩かれるのである。決して私の両親も大多数のエホバの証人の親もDV好きの暴力人間ではない

エホバの証人の親は深い洗脳状態にあるのである。子供がそんなことを言い出すのは悪魔サタンの誘惑に屈しているからだと思い込んでいる。彼らにしてみれば明日にでもハルマゲドンという終末が来るのである。大艱難を親子で生き残るためなら子供のお尻ぐらい簡単に何度も何度も叩くのだ。そこで手加減することこそ悪魔サタンの誘惑に自分が屈しているくらいに思っているのである。





神の声より子供の声

とあるマンションでの伝道活動中に私と両親はエレベーターに乗ることになった。エホバの証人はマンションなどでも一部屋一部屋漏らさずに巡回するのである。オートロックのマンションなどでも簡単に侵入するはずだ。エホバの証人は神権的戦術と称してエホバ神の是認があると自分で決めたことならば社会的なルールや常識などは無視しても構わないと洗脳されている。この独善的な姿勢がものみの塔協会を危険なカルト教団にしている。

そのマンションのエレベーターのドアが開くときに子供の私の手がはさまれてしまった。エレベーターのドアに手をついていたため重なり合うドアの板と板の間に手が引き込まれてしまったのである。伝道中だった両親は痛くて泣き出した私を仕方なく病院へ連れて行った。

この時は両親と一緒に伝道に出かけていたのだが、私を病院に連れて行ったのは母親だけだった。父親は伝道中のエホバの証人たちをまとめるリーダー的な役割を果たしていたので伝道活動を離れることが出来なかったのである。子供が大怪我をしたかも知れないのに伝道活動を優先させたのである。むしろ伝道中に手を怪我するなんて他の信者にいい迷惑であるくらいに思って恐縮していた節がある。私の両親は明日にでもこの世の終末が来るという強烈な洗脳下にあったのでものごとの優先順位の区別すらつかなくなっていたのである。

病院に父親が来てくれなかったことにショックを受けた訳でもなく、怪我をしたのに何故か母親には怒られ私は自分が悪いのだと思い込んでいた。親の教育方針としては完全にアウトである。私の両親は週に3回も王国会館の集会に通い、毎日の伝道奉仕活動に出かける暇があるのなら子供の話に少しでも耳を傾けるべきだった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。