不吉な薄暗い部屋での私の最初の記憶

元エホバの証人2世の親との確執 

私は純然たるエホバの証人2世として、両親に厳格にものみの塔協会の戒律を押し付けられた。しかしそのことで両親を全く恨んでいない。両親はものみの塔協会に騙されただけなのである。

こらしめと称して(完全にただの体罰なのだが)エホバの証人風の愛の鞭を何度も受けた。ものみの塔協会の訳の解らない教義を押し付けられ全く自由のないまま14歳まで育てられた。子供にとって禁止事項の多いものみの塔協会の戒律は常に周囲の子供との違いを意識せざるを得ない辛いものである。それでも私は両親に対して、感謝こそすれ恨みに思ったことなどない。

ただエホバの証人をやめたいと意識し、実際にやめようとした14歳のときに私は両親と劇的にぶつかることになった。両親が信じるもの(洗脳下にあるだけなのだが)に対して私は徹底的に暴言を吐き、ものみの塔協会の戒律のちょっとした不備を論破した。

人生の意義はその短さにあり、その短期間を自身の意思で駆け抜ける必要がある。両親が疑いもしない神エホバすら、私にとっては自身のエゴで世界を滅ぼそうとする悪の存在だった。

私に続き父→母の順でエホバの証人をやめたのだが、組織から脱退の経緯で私の家族は崩壊することになった。





エホバの証人の子供とは

ものみの塔協会に関わったことで私の一家は離散することになったのだが、元々は父親をエホバの証人の世界に巻き込んだのは私なのである。まず物心つかない幼い私を連れた母親が王国会館に通い始めた。これは40年ほど前、1980年代前半のことである。王国会館に連れて行かれた小さな私は、そこで静かにエホバの証人の集会のプログラムを聞いていることが出来なかった。活発というかやんちゃだった幼い私にとって1時間から2時間も訳の分からない話をじっと座って聞いていることが出来なかったのである。

幼い私の落ち着きの無さは子供の特徴でもあり、私の個性だった。ただエホバの証人の王国会館に連れてこられている子供たちは2時間の集会の間じっと大人しく座って講演者のありがたい講話を聞いているのである。中にはノートをとりながら聞いている子供や手を上げて発表するような子供までいる。王国会館に連れてこられている子供には個性は一切認められず、大人しく賢くというのが単純に正とされているのである。

危険なカルトの罠に陥った責任の所在

幼いながらにエホバの証人に関わることの危険性をアピールしていたのかも知れないが、私の王国会館でのささやかな抵抗は母親には認められることはなかった。とある日曜の午後、私の母親は王国会館で大人しく座っていられない私に対して怒りを爆発させた。おそらく午前中の王国会館での集会での私の態度がひどかったのだろう。

日曜で仕事が休みだった父親も交えて私は散々に怒られることになった。不吉な薄曇りの日曜の午後である。あの薄暗い部屋での出来事が私の生まれてからの最初の記憶となっている。母親の怒りから逃げるために行った私の

「お父さんも一緒に来てくれれば、大人しくしているかも」

この一言で父親の運命までも変わってしまった。ただそのことに対する責任も私は全く感じていない。

母親が最初に偽りの”真理”を聞き、彼らを家に招き上げてしまった。しかしその母親を責める気持ちというのも全くない。母親と聖書研究を行い献身に導いたT姉妹、彼女もまた被害者なのである。誰が悪いという問題ではないのだ。大事なのはものみの塔協会から離れて今を含めたこれからをいかに生きるかということである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。