エホバという傷を抱えて生きる

封印したいエホバという言葉

私は物心ついた頃からエホバの証人2世として育ち、14歳の秋に自分の意思でエホバの証人をやめた。そのあとで両親が父親→母親の順でエホバの証人をやめることになった。その過程で神権家族だった私の過程は崩壊に至る。私が成人して家を出たあとで両親は離婚するにことになったのである。

父親の浮気が離婚の原因となったというようなことを母親から聞いたことがある。ただ両親それぞれと話をしてもこの頃以前のことについてほとんど話題に上がらない。両親ともにエホバの証人だった頃のことに触れたがらないし、私からもそんな古傷をえぐるような話を持ち出しにくい。そもそも私もそんな過去の話をしたくないのである。

私の一家はエホバやものみの塔協会に結びつきそうな話をどうしても避けてしまうのである。これはエホバの証人をやめた人に共通する意識ではないだろうか。エホバという言葉に心がざわつくような不快感を覚える。

母親に至ってはつい最近まで洗脳状態にあったようで、神エホバが実在するか否かについてどう感じているのか私にも解らなかった。そんな母親とどうエホバの証人にまつわる話をしろと言うのだろうか。





我々親子がエホバの証人だったことについて、どうしても確認しなければならないときでも言葉を濁して話すことになる。父親は

「お前を友達の出来にくい育て方をしてしまった」

母親は

「普通の環境で育ててあげれば良かった」

エホバのエホすら口にしたくないのである。エホバと聞いて感じるのは強烈な不快感と恥の記憶である。その偽善の教義を”宣べ伝え”る手先となっていた自分たちの行為には吐き気すら覚える。忘れてしまいたい記憶なのである。

 

洗脳が解けない方が幸せだったか

いつになっても我々家族の傷が完全に癒えることはない。家族仲良く伝道奉仕活動に出かけ熱心に王国会館に通っていた頃の記憶を墓場まで持っていくしかない。親子で出来る昔話と言っても当たり障りのない話だけになってしまう。

そんなことならマインドコントロールの解けないまま王国会館というぬるま湯に浸っていた方が良かったのではないか?これは否である。人生は短く一度限りである。永遠の存在である神には理解できないその限られた貴重な時間を他人の意思に操作されるようなことがあってはいけない。

ものみの塔協会の洗脳下で生きるのは飾られた張りぼてのような機械的な生き方だ。誰もが自らで考えて自分や自分の家族のために、限りあるゆえに美しい生を全うしなければならないのだ。

全てのエホバの証人はすぐにでも危険な王国会館から脱け出し、自分の意思で今後の生き方を決めるべきである。エホバという深い傷を抱えて生きていくのは尋常でなく辛いことだがそれがリアルな生なのである。その先にしか人生の真理は待っていない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。