エホバの証人夫婦に明日はない

エホバの証人をやめることになった私の両親

私は両親ともにエホバの証人である神権家族でエホバの証人2世として育ち、14歳のときにエホバの証人をやめた。その後、時をずらして私の両親はそれぞれのタイミングでエホバの証人をやめることになる。

長老だった私の父親はまずその役職を辞任した。これは一人息子の私がエホバの証人組織を離れた影響だろう。その後で私の父親は母親よりも先にものみの塔協会の宗教組織としての致命的な欠陥体質に気付き、エホバの証人をやめるに至る。エホバの証人になってやめていたタバコも再度吸い始めていた。

母親は20年近くものみの塔協会の開拓奉仕活動一筋で世俗の仕事は一切していなかった。会衆内のエホバの証人信者との”交わり”がこの組織をやめる足かせとなったようである。ただ徐々にものみの塔協会の活動に不活発になり、世俗の仕事を二十年ぶりに始めた。私の母親はエホバの証人活動に不活発になってもしばらくはものみの塔協会の洗脳下にあったようである。

ものみの塔協会の戒律に背いているためかあるいはその活動に不活発になっているためか、神の裁きの稲妻に打たれる夢を見たと語っていた時期があった。しかし、近年ではようやく神社に参拝できるまでにほぼ完全に回復している。





ものみの塔協会は戒律や教義に対してエホバの証人たちに完全服従を要求するのだが、組織そのものは偶像扱いして崇拝されるほどの崇高さを持ち合わせていない。時にはナチスにすら迎合する裏表のあるただの新興宗教組織である。これに気付ければマインドコントロールからは紐を解くように一気に解放に向かう。問題点は組織に残る人々との人間関係である。私の母親のように世俗の人間関係を一切断ち切り、仕事もしていなければエホバの証人の会衆内にしか友人知人がいないのである。このエホバの証人の人間関係に未練が残ると組織をなかなか去りづらくなるのである。

 

エホバの証人夫婦の悲劇的な未来

私の両親にはエホバの証人組織をやめる際に時差があった。このタイミングのずれが私の両親にとって決定的な夫婦関係の損失に至る。私が成人して就職し、完全に家を出てから2~3年後のことなので詳しい事情は解らない。私の父親は置き手紙1枚で家を出て行き、両親は離婚してしまったのである。

こういう夫婦関係の決裂はエホバの証人夫婦にとってよく起こることである。夫婦の貞操を守ることはキリスト教信者として当然なのだが、エホバの証人たちはそれ以上にものみの塔協会への服従を強いられている。エホバの証人組織から排斥となった配偶者に対して、必要以上に接してはいけないのである。ものみの塔協会的には離婚は禁止になっているのだが、片方の貞操が破られた場合は離婚がOKということになっている。これは元を正せば片方の貞操が破られた時点で離婚せよということになる。

ものみの塔協会の初代と二代目の会長はそれぞれ離婚し、順風な家庭を築くことは出来なかった。この事実はものみの塔協会発足当初にしてエホバの証人夫婦の結末を予兆していた。エホバの証人夫婦の離婚率は高い。ものみの塔協会は終わりの日の預言をはずし続けているのだが、皮肉にもエホバの証人夫婦の未来については初期の会長たちの前触れ通りになっているのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。