今を愛せないエホバの証人2世に未来はない

条件付きの架空の幼なじみ

エホバの証人2世だった私は14歳のときにエホバの証人をやめると決意した。両親にものみの塔協会の集会や伝道奉仕に行かないと告げたのである。それ以来、ほぼ100%エホバの証人の行事には参加していない。”主の記念式”に行ったのが一度、もう一回は”献堂式”というエホバの証人のイベントへの参加だけである。

私は9歳のときに引っ越したのだが、その引越し以前に”交わっていた”会衆の王国会館が新しく立て直されたのである。これが私の15歳、エホバの証人をやめてすぐの頃である。以前に住んでいた地域の王国会館の新築を祝う”献堂式”というものに両親に連れて行かれたのだった。幼なじみとも言える人々に会えるということでこの献堂式に参加したのである。

この献堂式で懐かしい旧友と話し、お互いにようやくエホバの証人をやめられる年頃になったのだと実感する。一方ではものみの塔協会に献身してしまいずっぷりと抜け出せなくなった同年代のエホバの証人2世もいた。ものみの塔的には立派な姿の同世代の”兄弟”の姿を見て、何とも言えない気持ちになったものである。

私は幼稚園や保育園に行かず、その頃からものみの塔協会の奉仕活動に連れて行かれていた。私には幼児期の友人はエホバの証人2世しかいない。引っ越したことで小学校3年生以下の”この世”の友人も1人もいなくなった。そんな私にとって、そういったエホバの証人繋がりの幼なじみは貴重な存在だったような気もする。しかし彼らとは全く連絡を取り合うこともなくなった。連絡をするにしろ、お互いの価値観が当時とは全く異なってしまっている。ものみの塔協会や信者との距離感についても相違があるだろう。洗脳の解け具合も人によって様々である。幼なじみとは言ってもエホバの証人の”幼なじみという条件付きなのである。架空の幼なじみと言ってしまっても良い。





未来は愛すべき不遇の現在の先に

引っ越したあとの直近のエホバの証人たちに至っては交流などしたくもない。私が引っ越した小学校4年生以降中学校時代までのクラスメイトも同じである。私がエホバの証人2世だった頃とそれをやめる瞬間を知られている人々である。古傷をさらすようで、あえて連絡して会ってみたりなどしたくもないのである。

エホバの証人2世はいつもエホバの証人をやめたいと願っている。エホバの証人である限り、理想の自分とは真逆なのである。その自分を認めることや愛することが出来ないのでエホバの証人2世である自分がいる場所をも大事にすることが出来ない。ただそれは通り過ぎていくだけの一過性の場所であり、そこにいる人との関係性もただその時だけのものと感じられるのである。

例えエホバの証人をやめられたとしても、エホバの証人2世に特有の真面目な性格とこうあらねばならないという強迫観念のせいでいつも理想の自分を追い求めることになる。それが叶わなければ、その場所も本人にとっては価値の無いものとなる。その場所の人間関係も自ずと希薄なものになってしまうのである。いつでも理想の自分を思い描くのは良い。しかし、それは現在の延長上にあるのである。まず今の自分を愛せなければ理想の将来が訪れるはずはない


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。