エホバの証人をやめる2つの方法

エホバの証人の友人を残したい人には段階的撤退が一般的

私は中学2年生の時にサッカーに熱中し、サッカーを第一とするためにエホバの証人をやめた。ものみの塔協会の戒律にがんじがらめに縛られて永遠に生きるより、はかないゆえに貴重な一瞬を自分で決めたことのために使いたいと思ったのである。

このために会衆内の人々を自分の人生から切り捨てることについては何のためらいもなかった。王国会館に通い続ける真面目なだけの面白くもない連中などどうでも良かったのである。友人と言えるような関係にある同年代のエホバの証人2世も私にはいなかった。

私は小学校4年生になる時に引っ越しをしている。引っ越す前には幼なじみと言えるようなエホバの証人2世の友人が何人かはいた。しかし、私がエホバの証人組織をやめる中学2年生の時にはその友人たちとは音信不通になりかけていた。その友人たちのうちの何人かは私より先にエホバの証人的活動に対して”不活発”になっていたということである。

エホバの証人の会衆内に貴重と感じる友人が残っていると、きっぱりさっぱりとこの組織をやめにくくなる。とりあえずはこの世”の異性の交際相手や友人関係を構築し、心の余裕と自身の最優先事項を会衆外におくことである。その後で野外奉仕などはやめて、集会への参加頻度を徐々に減らしていくという段階的撤退が一般的である。それでも年に1度のものみの塔協会の大イベントである”主の記念式”には出席して、旧友との再開を懐かしむというのがエホバの証人2世にはありがちなことである。

段階的にエホバの証人をやめずに急進的に組織を去ろうとすると、エホバの証人の会衆内の友人関係は失うことになるだろう。組織からの排斥処分になれば信者として残った友人たちはあなたの元を去らねばならなくなる。エホバの証人を一緒にやめようと信者の友人たちを誘うことは背教行為とみなされ排斥処分となる可能性もある。組織に残る友人たちとの関係を継続させたいと思うのなら慎重に行動しなければならない。





急進的にエホバの証人をやめたい人の2つの注意点

急いでエホバの証人組織から去る方法は何もかも切り捨てることである。組織に残る友人も神エホバも自分の過去も何もかも忘れ去ることである。会衆の長老に背教めいた文言をつけた”断絶届け”を送りつければもうエホバの証人信者たちはつきまとってこない。

これで注意しなければならないことがある。まず1つ目は、街中で知り合いのエホバの証人に会ってあなたが隠れなければならないような後ろめたさを感じてはいけないということである。あなたはものみの塔協会の洗脳状態から自力で逃れた優れた感性と決断力、理性を持っている。未だにぬるま湯の洗脳下にあるエホバの証人に対して、何ら劣るところはない。

王国会館から逃れられないエホバの証人たちは深い洗脳状態にあるので、胸を張ってあなたを哀れみ、会衆に戻るように諭してくるだろう。彼らの自信満々の態度にのまれてはいけない。それは彼らの正当性を表しているのではなく、マインドコントロール下にあるための血迷った行動の昇華した結果である。

2つ目に注意すべきことは、あなたの過去を完全に否定してはいけないということである。自分のエホバの証人だった過去を認めず無かったことにするのは不可能である。生涯を通じて自分の過去とは同居せざるを得ない。執拗にエホバの証人を毛嫌いし非ものみの塔的であろうとすればするほどあなたはものみの塔という偶像にさらに縛られることになるのである。

そもそもエホバの証人2世は自ら選んでエホバの証人になった訳ではない。親ゆえの非運の結果である。何ら恥じることはない。親の束縛と子供の頃からの洗脳を振り切り、自分でものみの塔協会と縁を切ると決断したのである。胸を張って良い。

エホバの証人を一気にやめたい人の二つの注意点は以下のとおりである。

  1. 組織に残るエホバの証人に対して後ろめたさを感じる必要はない
  2. エホバの証人だった過去を否定し過ぎてはいけない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。