セックスしたら捨てられるエホバの証人2世

ものみの塔協会の偏った性教育

エホバの証人2世は小さな子供の頃から性教育を施される。一見先手を打った教育にも思えるのだが、エホバの証人の情報は偏っている。ものみの塔協会の出版物の書き方はエイズの原因がコンドームを用いないセックスにあるというのではなく、同性愛や婚前交渉がその原因であるかのように表現しているのである。これはものみの塔協会の教義の正当性を主張するためである。ものみの塔協会の言うことを聞いていればエイズにはなりませんよということなのである。

こんな中途半端な情報を与えられる小学生の思考回路を想像して欲しい。私の頭の中では男性どうし、女性どうしの同性間の性交渉でどんな理由でエイズが発症するのだろう、その疑問が膨らむ。そもそも同性間でどうセックスするのか、そういった発想になるのである。そんな露骨な疑問を親にぶつけてみても誤魔化されるだけだ。そして、ますます性に関する妄想が広がってく。山と川と海しかない田舎町でそんなことをひたすら考えている小学生が健康的であるとは到底言えない。





エホバの証人2世の性欲の強さはものみの塔協会の教育が原因

平均的なマスターベーションや性行為の回数何てものは解らないが、私の性に対する欲求はとても強いように感じる。もしかすると平均的なレベルなのかも知れないが、性欲が一般よりも強いのかも知れないと思っている時点で何かしらの不自然さはあるのである。これは幼い頃から受けてきた不自然で歪んだ性教育のせいなのだ。

この性欲のせいで多くの時間や金を浪費してきた。私にとって異性とのまともな交際関係を継続することが難しかった。特に20代の前半のことだが、一旦、セックスが成就すると相手に対しての執着が異常に薄れてしまうのである。そして新しい対象に目移りしていく。

エホバの証人2世は幼い頃から禁止事項が多く、何も与えられない。それゆえに一旦何もかもが解禁されると止めどもなく自身の要求がエスカレートしていくのである。次から次へと異性を求めるエホバの証人2世の罪深い行状は、何もかもを手に入れなければならないという強迫観念に似た思いが原因となっているのである。

 

エホバの証人2世の人間関係の希薄さ

ただこれは若いオスの一般的な傾向で、私に限ったことではないのかも知れない。しかし、体の関係を持った女性を切り捨ててきた私の残忍さは、今考えてみると何とも情けない。優しさの欠片もないのである。これには若気の至りという側面もあるのだが、ただ通り過ぎていくだけというエホバの証人2世にとって特有の人間関係の希薄さも大きく関係している。

エホバの証人2世はいずれエホバの証人をやめたいと思いながら成長する。ものみの塔協会の呪縛から解き放たれた自分を理想としているので、エホバの証人である今の自分を大事に出来ない。同時にエホバの証人である今の自分の周囲の人間関係を重視することも出来ない。それはただただ通り過ぎていくだけの一過性のものなのである。これがエホバの証人2世にとって特有の人間関係の希薄さを生み出すのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。