エホバの証人の子供たちの性格に悪影響を与えるものみの塔協会

大人の信者から影響を受け性格の悪いエホバの証人2世の子供

すさんだエホバの証人の大人の世界を早くから覗き過ぎているために、エホバの証人の子供たちは大人の信者同様に根深い二面性を持ち、羨望や嫉妬、陰口の多い人格に育つ。

エホバの証人の王国会館に溢れているのは思いやりや隣人への愛情ではなく、特権主義と特権階級に対する妬みである。信者たちはお互いに監視し合い、教義を破ったりエホバの証人としてふさわしくない行動をしたりした信者を密告する。ものみの塔協会が推奨している信者どうしの交わりは女性信者間のただの噂話の時間である。その噂話の内容は嫉妬や陰口で、それが狭いエホバの証人の密告社会を支えているのである。

この人間社会の醜い部分の縮図のような王国会館に、エホバの証人2世たちは小さな頃から通い続けることになる。良い影響が子供たちに及ぼされる訳がない。エホバの証人2世の子供たちは一見、大人びて見える。それは丁寧な言葉遣いや礼儀正しい態度に表れるが、子供ながらの純粋さや素直な物言いまでも封じられているのである。結果、エホバの証人の子供たちは小さな頃から陰口を叩き、裏表の多い嫉妬深い性格に育つのである。

エホバの証人2世が抱えていたハルマゲドンという恐怖

エホバの証人2世は性に関するものみの塔協会の教義を到底守り抜くことは出来ない。マスターベーションを禁じられ、結婚するまでセックスも禁止なのである。ある程度の年齢になるとものみの塔協会の戒律をあっさり破ることになる。しかし、あっさりと教義を破ったわりには罪の意識にさいなまれることになる。エホバの証人2世はそれでも性欲を抑え込むことはどうしても出来ないのである。

こういったエホバの証人2世はマインドコントロールが解けるまではハルマゲドンで滅ぼされることを覚悟しきっている。私が王国会館を去ったのは1994年で、この頃は明日にでも終わりの日が来るとものみの塔協会は宣言していた。私は明日にでも天から降る火で不条理に焼き尽くされるというイメージを抱えていた。このイメージによる支配は私の洗脳が解ける21世紀まで続く。私はやがて10年もの間、ハルマゲドンの恐怖にさらされていたのである。

 

エホバの証人2世の生への執着の希薄さと人間関係の薄さ

エホバの証人2世は寿命を全うせずにハルマゲドンで滅ぼされることを覚悟している。そのため生への執着は希薄で命を粗末に思いがちである。私も過度の飲酒や喫煙を始め、いつ死んでもおかしくないような車での暴走行為を繰り返していた。私にとっては周囲の人々との付き合いは終わりの日までの短い関係だった。

今でもエホバの証人2世の人間関係はそこから去るまでの間の限定的なものだ。エホバの証人2世はいつでもエホバの証人をやめて生き返りたいという思いに駆られているからである。こうしてその瞬間その一瞬の人間関係を軽視しがちな性格になるのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。