残虐でアウトローな青年に育つエホバの証人2世の子供たち

エホバの証人2世が秘めた残虐性や凶暴性

エホバの証人2世の子供たちはこらしめという体罰を不条理に繰り返し受けることになる。こらしめられる原因がものみの塔協会にあるので不条理という他はない。隠れてテレビで『キン肉マン』や『ゲゲゲの鬼太郎』を見たりするとこらしめの対象となるのである。自分の家庭がエホバの証人でなければしこたまお尻を叩かれることはないのだ。このようにエホバの証人の子供たちは不遇で不運な幼少期を過ごすことになる。

こらしめという暴力と厳しいものみの塔協会の戒律に縛られてエホバの証人2世の子供たちは成長することになる。繰り返される幼少期の暴力の影響で子供たちの精神は健全に育つことはない。私の場合は残虐性や凶暴性、暴力性を秘めた青年期をおくることになった。しかも厄介なことにものみの塔協会はエホバの証人の親たちに子供たちを深く愛するようにと教えている。エホバの証人2世の子供たちは親からの愛情の押し売りとこらしめという暴力の両天秤にされるのである。エホバの証人の子供たちの精神状態はこのように汚染され破壊されていくのである。





罪悪感の薄さへと連結するエホバの証人2世のセックスに対する欲求

結局、エホバの証人2世は厳しい教義を守り続けることはほぼ出来ない。結婚するまでセックスが禁じられているのだ。キスしたり手をつないだりするのにも制限がある。幼い頃から過剰な性教育を受けて育ったためにエホバの証人2世は性に対する関心が強く性欲も高い。その上でものみの塔協会はマスターベーションまで禁じているのだ。

エホバの証人2世の子供たちは到底、性に関するものみの塔協会の戒律を守りぬくことは出来ない。このため、決まりを破っても露見しなければ良いという罪悪感の薄さもエホバの証人2世の特徴ともなる。

私もちょっとした校則や親との約束、はたまた犯罪事案となるような刑法や道路交通法に至るまで、ありとあらゆる決まりを破ってきた。あれだけ厳しく体罰を受けてまで守れと言われたものみの塔協会の戒律を、毎日のマスターベーションで破り続けている。親にバレなければこらしめを受けることは無いし、天にいるエホバには見られているがどうせハルマゲドンで滅ぼされてジ・エンドである。直ぐに罰を受けるのではない限り、法律など守る気になれないのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。