エホバという恥の象徴

エホバへの依存を深めるものみの塔教会から与えられる試練

1993年1月にアメリカ合衆国の大統領が改選された。私は小学校6年生だったのだが大統領選挙のニュースに戦々恐々としていた。ものみの塔教会の本部はニューヨークのブルックリンにあるので大統領の改選によりエホバの証人への迫害が始まるのではないか。そんなことを子供ながらに恐れていたのを思い出す。

私はエホバの証人のことを世間から爪弾きにされているとても弱い存在であると感じていた。私は信仰を守るというより、無難に何事も無く生きていければと願っている子供だった。しかしエホバの証人の子供にとってそれは許されないのである。乗り越えられるのだが自身の自尊心は極めて傷つくという微妙な試練がやって来るのである。

それがエホバの証人の教義の特徴である。信仰を試すような機会があえて教義に含まれている。それを乗り越えることでエホバの証人という組織への未練と執着が強まりますます組織から離れにくくなる

考えてみれば信教の自由と個人の尊厳が保障されている日本ではエホバの証人に与えられる試練はそれほど困難なものではない。逆に難しいのは、エホバの証人の組織から思い切って抜けることである。これは深い洗脳状態に無い場合でも同じことだ。エホバの証人組織の教義や方針に疑問を感じていても今までに支払った犠牲と時間が惜しまれてしまう。エホバの証人組織の外にまともな人間関係を築いて来なかったことも影響する。変化を恐れ生ぬるい馴れ合いの王国会館に慢性的に通い続けてしまうのである。

恥の象徴であるエホバ

エホバの証人なのでクリスマスや節分をやりませんというのは、極めて簡単なことである。ただの個人の自由だからだ。しかしエホバの証人の2世はそういった禁止事項を自分の意思とは関係なく強制される。幼い子供の頃から思春期、青年期に至るまでの間、宗教色のあるイベント全て一切に参加することが出来ない。しかも宗教上の理由でというデリケートな状況はエホバの証人2世の心を深く傷付けていく

幼児期の私は地域のお祭りの屋台に遊びにいけないのを残念に思う程度だった。お祭りに誘いに来てくれた近所のトシ君という男の子が着ていた青い祭り用の真新しいハッピがエホバからの自由の象徴に見えた。

これが小学校、中学校と年齢を加えていくにつれて強烈に辛さを増していく。何事をもやってみたい欲求を持つ本来の自分とエホバの証人2世である自分とが違うように感じられた。本来の自分とはズレている自分が周囲の奇異の目にさらされていることが恐ろしかった。これは恐怖であり恥だった。まさにエホバは私にとって恥だった。

私にとっては今でもエホバの証人2世だった過去は人生の恥部であり、汚点でもある。しかし、これを何とか消化していかなければ先に進むことは出来ないと現在の私は考え始めている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。