エホバへの祈りが天には決して届かない理由

不毛なエホバへの祈り

エホバの証人が自宅で祈りを捧げる場合も父親などの代表者が声に出して行う。タイミングは食事の前や研究と呼ばれるエホバの証人の教義の勉強の前後などである。

信者の個人宅で開かれる集会の際には賛美歌の合唱は行われないが、この祈りだけはばっちり捧げられる。日本家屋で正座をして座った集団が「アーメン」である。真似事の冗談も大概にして欲しいのだが本人たちは大真面目なのである。

このとてつもなく長い祈りの間、聞いている側は目を閉じて、合わせた両手の指を組み合わせたポーズで神妙な顔つきをしていなければならない。不毛である。エホバの証人が盲信する神エホバなど存在しないので、虚空に向かって無意味な言葉の羅列を投げかけているだけなのだ。その空しさと悲しさはエホバの証人信者の虚しい一生を象徴している。

無意味なエホバへの祈り

神社や仏閣で祈るという場合は、そこには遥か昔からの人々の思いや願いが結集している。何らかの力があると思って良いだろう。また自身を見つめなおすことが出来る。決して無意味な祈りではない。キリスト教の聖堂でもそうである。荘厳な装飾と立派な建物の中で、厳かな感情を持ちながら、澄んだ瞳で自分の心を見つめることが出来る。

しかしエホバの証人の祈りは不毛である。マインドコントロールされている集団が虚空に向かってエゴをぶちまけているだけなのだ。普通の個人宅で正座をして、聖職者でもない勝手に献身している気になっている一般人の祈りが天に届いていると思っている愚かさ、これが洗脳状態の恐ろしさである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。