自宅までをものみの塔協会に献上する洗脳状態

エホバの証人の会衆と群れとは

地域毎に分けてエホバの証人の集会は開かれている。エホバの証人はそれを会衆と呼んでおり、○○会衆と大まかな地域名をあてはめられている。その下に群れという単位があって、○○の群れというもっと小さな地域名で呼ばれている。

群れというのはエホバの証人が自身のことを羊に例えているからである。羊と山羊、羊飼いの言うことに従順で忠実な羊をエホバの証人に、ちょっと自由気ままで攻撃的なヤギを非信者に例えているのだ。私がその集会に参加させられていた1990年代頃は、火曜日の集会はその群れ単位で行われていた。

自宅までをものみの塔協会に献上するようになったらおしまい

会衆に対して王国会館が1つ、又は王国会館1つに対して会衆が複数あてはめられていることもある。基本的に都会などでは信者が多くなり、会衆が分割され元々の王国会館を共有することになる。

群れとなるととても王国会館では足りないので、信者の個人宅で群れ単位での集会が開かれていた。私の家でもその集会が開かれていて、火曜の夜になると車が何台も家の近くの路上に停められるという異様な光景が繰り広げられていた。この集会に自宅を提供出来るというのはエホバの証人にとって喜びであり、特権であると考えられていた。そのため、真面目で模範的な信者の家でこの集会が開かれていたのである。

こうして自宅までを毎週エホバの証人の集会場として提供するようになる頃には家族まるごと洗脳状態の完成である。ものみの塔協会のためならどんな面倒くさいこと、辛いこと、金や時間のかかること、それらを提供出来ることが喜びなのである。これがものみの塔協会によるマインドコントロールの恐ろしさである

こうなると家族まるごとものみの塔協会の奴隷となり、何もかもをむしり取られてしまうのだ。その先に待つのは一家離散、家族の崩壊である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。