統治体を頂点とするエホバの証人組織

ピラミッド型構造のエホバの証人組織

エホバの証人の教義の不思議なところは、自らが批判している状態にものみの塔協会自身が成り果てていることである。ものみの塔協会は、ローマ教皇を頂点とするカトリック教会を他の宗教組織とひとまとめにして異教徒として強く批判する姿勢をとっている。エホバの証人の組織には教皇や司祭、牧師と言った権力者がいないというのが彼らの主張である。

しかし、エホバの証人の組織の最上位にも複数人のメンバーで構成される統治体が存在している。その下に何人もの監督を置くピラミッド型の体系は世俗の組織と何ら変わらない。エホバの証人の組織には牧師や司祭という聖職者はいないのだが、地域監督、巡回監督、長老といった監督者がしっかりと存在するのだ。





ものみの塔という巨大な偶像の先に君臨する統治体

機関紙の名称でもある”ものみの塔”はエホバの証人の信者により偶像崇拝の対象とされている。私も幼い頃から、ものみの塔協会の出版物をまたいだり踏んだり粗末に扱うことのないように両親に教えられた。ものみの塔協会の教義では偶像崇拝を厳しく禁じている。しかし、その組織そのものが偶像に成り果てているというのは何とも皮肉な話である。

ものみの塔という偶像を通してエホバの証人の信者が祈るのはエホバという架空の神ではない。信者たちが日々、熱心に祈りを捧げるのは、組織の最上位に君臨し自分たちが神からの唯一の伝達手段であるとのたまう統治体の老人たちなのである


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。