エホバという幻想からは簡単に逃れられない

強く否定することで逆にエホバに縛られることになった

私の20代は、非エホバ的な生き方をしなければならないという強迫観念にとらわれ無法、無頼として過ごすことになった。この生活態度に伴い、私は多大な犠牲を支払うことになるのだった。

エホバの証人を嫌い、あの穏やかさや親切、愛、喜びと言った彼らが一応は重視している美徳とも言える概念をも私は否定していた。喫煙、過度の飲酒、ギャンブル、上位の権威や目上の人々に対する反発、そういった反ものみの塔的な思想や行動を追い求めるようになった。

それは本来の私の望みや考えではなく、単純にエホバの証人の2世であったという過去を否定することから派生したものである。エホバの証人的生き方をしないでおこうと思えば思うほど、その教義や彼らの生き方に注目して、それとは逆をいかなければいけない。私の20代は、反発するほど逆にエホバに縛られるという状況に陥っていたのである。

逃れなれないものみの塔協会の洗脳という恐怖

もうすぐ40歳という今でも、私はエホバの証人の2世だった頃の夢を見る。両親に王国会館に連れて行かれるのを拒否しようとしているのだが、なかなかそれを言い出せないというシビアなシチュエーションである。

もうエホバの証人を辞めたはずなのに、再び家から家へと周る野外伝道活動に出かけて見知らぬ家の呼び鈴を鳴らす恐怖を、私は未だに夢の中で味わっている。私のエホバの証人の2世としての過去は、今でも完全に清算できたとは言えない。むしろどこかで折り合いをつけて行くべきことなのかも知れないと今では考えているのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。