エホバの証人をやめるためにするべきこと

最優先はエホバでなく今の自分

私がエホバの証人をやめることが出来たのは、今を最優先にしたから。これが限りある人間の生の本質である。

ブラッド・ピットの『トロイ』という映画がある。その中にこんな台詞が出てくる。

The gods envy us.

They envy us because we’re mortal.

Because any moment might be our last.

Everything’s more beautiful because we’re doomed.

You will never be lovelier than you are now.

We will never be here again.

神々は羨んでいる

限りある人の命に

いつ死ぬか分からない

終わりがあるからこそ美しい

美貌もいつかは衰える

“今”は二度とない

自分の人生は自分のためのもの、少なくとも全てを神に捧げるためのものではない。勇気を出せばエホバから自由になれる。





ものみの塔協会の嘘

エホバの証人組織から離れて、私はようやくものみの塔協会がついている大きな嘘に気付いた。ハルマゲドンは来ない。洗脳が解けた瞬間である。それでもその頃の私は、エホバの証人的思考からなかなか抜け出すことが出来なかった。

私が幼少期から青年期に受けた傷と、崩壊した私の家族のことを振り返り、これからエホバの証人をやめるべき人のためになることをここで書きたい。

 

悲劇のループ

小学生の私が節分の豆まきを教室の隅で見ている。恥ずかしさと情けなさとさみしさのため、鬼のお面を被ってしまいたかった。ただそれもエホバの証人2世には禁止されていることだった。

元2世の前進と従順な現信者のマインドコントロールをここで解きたい。エホバの証人2世の子供は、エホバの証人の結婚に関する教義のために神権家族の3世となってしまう。悲惨な子供の信者をさらに作るつもりなのか。自分と同じ苦しい思いをさせるつもりなのか?苦しい幼年期、辛い少年期、悲惨な青年期を、自分の子供たちに送らせるつもりなのか

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トロイ ディレクターズカット【Blu-ray】 [ ブラッド・ピット ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/6/11時点)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。